Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(『ペルソナ5 スクランブル』発売記念前夜祭/前編)

 

遅ればせながら、2020年2月19日に開催された「『ペルソナ5 スクランブル』発売記念前夜祭」の発売直前スペシャルライブ&音楽チームスペシャルトークショーの配信を見ましたレポ&感想日記を書かせていただきます。

なお番組のアーカイブは今でもYoutubeで見ることができますので、お時間のある方はまず是非そちらをご覧いただきたく思います!動画の4:50からイベントが、7:45から早くもライブパートが始まりますよー!

当日の私はあまりの早さに心の準備で慌てつつ(笑)WAKAさんのDJプレイからスタートです!

 

 

まずはロイヤルOPの『Colors Flying High』

初手、というかここからロイヤルメドレーなんですよイヤッハァーーー(ガッツポーズ)!!いやほんと私がロイヤルをこじらせた一因には新曲があまりに好きすぎたこともありますのでね、たっぷり聴かせてもらえてすごく嬉しかったです!どれも好き、というかどれもしんどいんですよねロイヤル曲……

 

続いて通常戦闘の『Take Over』とチャレンジバトルの『Prison Labor』

小西さん曲きたーーー!!あぁ…私はやっぱり小西さんのギターの音が特別好きだなって思いました。小西さんの音は魂に響く。この曲の生演奏を聴ける日もずっと待ってます!

 

『Keep Your Faith』。これも…ちょっとまだどこまでネタバレが許されているのかわからないの多く語れませんが、私はこの曲名だけで泣きます。あまりにも…あまりにも心が苦しい……

そして当然のように『Throw Away Your Mask』を繋げてくるWAKAさんは今日も神です。ファンの心をあまりにWAKAってらっしゃる〜〜〜(五体投地)!!

 

そしてこの曲なしでは終われませんよね!『I believe』!

大好きーーー!!!と叫びたくなりますほんとに好きです!!この曲の流れるあの日あの時あの場所が、私がペルソナ5で見た最も美しい景色です。

さらに次が『Life Will Change』なのですがここ!!『I believe』の間奏の「てーててっ てーててっ」と『Life Will Change』のイントロの同フレーズが重なって二曲がシームレスで繋がるんですよ!!動画19:45からの30秒を見てほしい。これほんと鳥肌で死にそうになりました…ストーリー順を変えてもロイヤル曲ラストに『I believe』を持ってきた理由はこれですよね。最高でした!この日もWAKAさんのプレイは最高に気持ちよかったです!!

 

おなじみの『Last Surprise』『星と僕らと tofubeats Remix』で心地良い余韻に浸りながら舞台はいよいよSPライブへ…

ってそうなんですよ、もうこの時点で大満足で燃え尽き気味だったんですけどこれからなんですよ!

テンションブチ上げイントロに乗せてLynさんが登場です!!一曲目は『Daredevil』!!

 

 

これ一曲目!?!!

 

 

っていうね!?いや最高にアツくて幸せなんですけどペースがおかsりんさんのシャウトーーーーーー!!!!!

すっごい!!すっごかった!!!!なにあれ!!ってなりましたよウワアアアアア!!この日のりんさんはジョーカーっぽいショートカット&モノトーンのパンツスタイルもかっこよくて全てがめちゃめちゃかっこよかったです!

 

「お馴染みのあの曲、やっちゃうよ?」とイタズラっぽくささやくりんさんの二曲目は『Last Surprise -Scramble-』

お馴染みだけど!!お馴染みじゃないですから!!!!MASAさんにより熱くロックにアレンジされた『P5S』を代表するキラーチューンのひとつですよ!ほんとテンションが尋常じゃないですこのライブ!最初からクライマックスです!!

もうこの時点で燃え尽きてましたよね…ずっと灰になっては生まれての火の鳥モードを繰り返しておりました。

 

そしていよいよ

 

 

喜多條さんのご登場です。

 

 

(灰からの産声)

 

「こんばんは〜どうも〜」と笑顔でご登壇される喜多條さんのほんわか優しい雰囲気にここ数日のずっと緊張でヤバイヤバイハライタァイだった気持ちが一気にほどけて癒されましたしこうしてステージに立つお姿を見ることができて本当に嬉しいですし貴方の作る曲が大好きですし

初ステージおめでとうございます!!!!!(一息)

 

 

この日の喜多條さんはりんさん曰く「普通に遊びに来た感じ」でご本人曰く「竜司みたい」なカジュアルな装い…と見せかけたATLUSパーカーP5のザ・ファントムTシャツという完璧な正装で思わず大興奮でした!笑

バッチリ着こなされてましたし、ボトムの短め丈とかこまかいところがオシャレさんで可愛かっこよいー!とニコニコです!

感銘を受けたので私もその後ATLUSパーカーをポチりました。このシリーズ、外で着る機会がなさそうでマフラータオル以外は見送っていたのですが勇気が出ました。今後ともアトラスの民として胸を張って生きます。

 

 

そして今作きってのオシャレナンバー『Axe to Grind』です!今回のライブに喜多條さんがキーボードでご参加されると知って真っ先に「聴きたい!」と思った曲なのでめちゃめちゃ嬉しかったです!!この曲のキーボードすんごい良いんですよね…!!

なおこの日のステージキーボードはYAMAHAのMOTIF7。シンセを弾く喜多條さんが最高に推しでやっぱり現地に行きたかった、手元をガン見したかったと思うわけですが、配信の音でもその良さがビシバシ胸に響いてきてあまりにも幸せです。

柔らかな音に心がとろけます…あともともとループ曲なのをライブ用に編曲していて、アウトロにキーボードソロが入るんですけどもう好きでしかなかったですね。アッ私この人の音大好きだなって思いました。知ってた。

 

ここでりんさんと喜多條さんが一旦ステージを離れます。客席にお辞儀をして可愛く手を振りながら去る喜多條さんがとてもかわいくてありがとう世界……

 

 

ここから再度WAKAさんのDJタイム!

P5Sのインスト曲メドレーですよおおお新曲いっぱいで嬉しいです!

タイトル画面の『Strikers(増岡さん)『陽動(増岡さん)、渋谷ジェイルの『愛シ te Wonderland(比良さん)、仙台の『Mori no Miyako(増岡さん)、通販の『Sophia’s SHOP(喜多條さん)とゲーム序盤の印象的な曲をゴキゲンなプレイでたっぷり楽しませてくださいました!

こうして聴くと、どの曲もピカピカの個性の中にしっかりと『P5S』の色を共有されていることに感動しますね…!上であえてコンポーザーさんのお名前を書かせていただきましたが、赤羽さんも含めて多人数で作っているのにブレがない、共作のプラスの部分だけを感じられるのがほんとにすごいです。

 

 

ここで再びりんさん、そしてコーエーテクモゲームスのMASAさんがご登場です!

MASAさん、ステージングもお話ぶりも堂々且つスマートで素敵でしたしその音の熱さに大興奮しましたよ!!生放送のコメント欄からコエテクファンの皆様から愛され親しまれていることも伝わってきて、心があったかさとアツさで幸せ燃え盛りです…!

というかすみません今になって知ったのですがMASAさん無双だけじゃなくネオロマの曲も作られているしライブもご出演されているのですね?!ご担当曲を調べてる中でああああ…っとなりまして、まさか『ROSY ROSA ROSY』のご作曲者様でギターの御方とは…!とても好きです…の感動のままの昨年のコルダライブDVDをポチりました。コンポーザーは経済を回します。

 

そのMASAさんの「すっごいギターの音の」『Rivers in the Desert -Scramble-』!!

このアレンジ、コエテクさんらしい熱さマシマシなのに原曲の色をしっかり残してくれてるところがすっごく好きです!!ゲームでの使われ方も「ここーーーっっ!!!」って感じで最高でした!

 

ちなみにこの日のパレス(現地)はウイルス警戒度高めで『全員マスク着用。サイリウムNG。大きな動き&声出しNG』の令が敷かれていたそうで、ライブ中は皆さんとてもがんばって我慢されていたと思います…!是非まためいっぱい盛り上がれる場でこの音楽を楽しみたいですね!

 

 

ここで喜多條さんが戻り、本日のフルメンバーがステージに揃います!

やっぱり喜多條さんが入るとほっこりした空気になりますね(笑)

コンポーザーさんの曲以外の部分をあれこれ言うのは失礼かもしれませんが、このふんわりと場を和ませてくれる優しいオーラも喜多條さんの魅力で「ああ、やっぱりあのあったかい音を出してる方だな」とじんわり嬉しくなりますし、一方で配信時にTLがざわついていた(笑)「このほんわかお兄さんからあの繊細でかっこいい曲が生まれている」ギャップは曲をさらに楽しく味わえるスパイスだと思っているので、結果的に曲への愛が深まる要素と解釈しておりおそれながら書き残させていただきます…!

それはそれとしまして、この日の『キーボーディストの喜多條さん』は優しい雰囲気とクールな演奏の両方を兼ね備えていらして最っっ高に素敵でした!!コンゴトモ応援しております〜〜!!

 

 

というわけでついに!ついにP5Sのコンポーザーお二人のご共演でございますよパチパチパチ(拍手)!!

「目黒さんの名曲をこれでもかと!ぶん殴られる覚悟をして!」と笑いを誘いながら「殴りもしたくなくなるような中途半端なものにはしたくないなと思って、頑張りました」と熱くまっすぐな想いを話してくださるMASAさん。

「めちゃくちゃかっこよかったよね!」と言うりんさんに私も画面の前でぶんぶん頷いていましたし、現地でも大きな拍手が上がります!

MASAさんのアレンジ、ラスサプもリバデザもめちゃくちゃかっこよかったですし曲への愛とリスペクトを感じましたしきっと目黒さんも笑顔で抱きしめてくれると勝手に思っていますがいかがでしょうか。このお二方のご共演も見てみたいですね!

 

喜多條さん作曲の『Axe to Grind』を「P5にはなかった色で、こうやって揺れながら歌う曲ってあまりなかったから楽しい!」と笑顔で話すりんさん。

WAKAさんをたくさん褒めて「…何も出ませんよ?」と言われるりんさん(笑)

もうね…私はそんなりんさんが、ここに立たれている皆さんが大好きです。

いつも素敵な音楽を、幸せな気持ちを本当にありがとうございます!

 

これからプレイするみんなにさらに期待を高めてもらうために…とステージは次の曲の準備に向かいます。

りんさんが「次が最後から二番目の曲なんだけど…」と言うとメンバーから「もっとやりたいな」「ユニットみたいになってますよね」と声が上がり、ええほんそれです!私もその日を心から待ち望んでおります!!とまたぶんぶん頷きましたし

 

「またこのメンバーでやれるようにね。みんなどんどん買ったり広めたりして応援してください!」

 

私「買う〜〜〜〜!!!(笑顔)」

 

思わず声に出ちゃいまいましたよね!(笑)

小さな力でも精一杯応援したい!と思いますし、たくさんの声が集まればきっと叶うはず!

Our Beginningが流れるまで叫び続けますよ怪盗団ーーーー!!!!

 

 

そして始まるライブの最終戦、まずは通常戦闘曲の『What you wish for』

MASAさんの力強いギターのイントロで一気にアガります!!これ製品版では喜多條さんがギターを入れている(と思う)のでこのユニットだけのスペシャルバージョンですねイヤッホオオオオオオライブ最高ーーー!!!

ちょこちょこ入る喜多條さんとWAKAさんのアドリブも楽しくてきゅんきゅんします!この曲の喜多條さんは音がシャープでめちゃめちゃかっこいいのですよ…!ラストのグリッサンドもきれいでああ〜〜〜(語彙)ってなりました!

 

そのままノンストップで最後の曲『You Are Stronger』へ。

リアタイ時はずっと「かっこいい…かっこいい……」と泣きながら音に溺れていて「最高だな」としか考えられなかったのですが、今見返すとこの演奏、この4人ならでは、ライブならではの音がたくさん聴けてすっごく楽しい!

生放送で見ていた方も、ゲームやCDで曲を聴いた後にこのライブを見返すと「うおお」となると思います!おかわり推奨です!

りんさんの歌声も完成音源とは違った魅力があって、Cメロ明けの「You are stronger」の歌い方とかラストのMASAさんギターに声を絡ませるところとか鳥肌総立ちでした!あーーーーこれほんとライブでもっと聴きたい!!!ペルライカモン!!!

 

 

完全燃焼のライブでした…そしてその余韻冷めやらぬままトークコーナーに突入するわけですが、ここまででだいぶ長くなってしまったのと私が本気で燃え尽きているのとで一旦日記を区切ります。続きは後編で!

  • 2020.03.14 Saturday
  • 19:33

Comment
Send Comment