Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(曲水跳ねて秋深し)

ものはら8話です!白ちゃんが「様」付きで呼んでくれたから今日はお赤飯を炊きたい。

呼び名が変わるとどきどきしますし、白ちゃんの様呼びはドキドキというかウオオオオ…ってなりますよね。俺…このお仕事頑張ろう…って思います。

 

 

♪曲水跳ねて秋深し(「東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚」より)

 

日常曲。ものはらの日常曲の充実さハンパないな!?と思いますありがとうございます!!【愛】

他の曲と比べて少し現代感が強めかなーと思うのは平メロのエレピが印象深いからでしたね(自己完結) そのため他の曲と違った触り心地で新鮮でした!

あとサビの琴の合いの手がとても気持ちよくて心をくすぐられます。

 

読みは素直に「きょくすいはねてあきふかし」

『曲水』は曲がりくねって流れる小川…という意味のほか、『曲水の宴』を指すこともあるそうです。

《曲水の宴…水の流れのある庭園などでその流れのふちに出席者が座り、流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、盃の酒を飲んで次へ流し、別堂でその詩歌を披講するという行事(Wikipediaより引用)》

「跳ねて」と続くので前者の使われ方だと思いますが、曲の雰囲気は曲水の宴の風雅なイメージにもよく似合いますね。

 

あとたぶんこの曲、他の日常曲と比べて物語後半に使われることが多いんですよね。

だから「秋深し」。転校してきて秋〜冬と移り行く日々を共に過ごし、みんなでいるのがすっかり馴染んだ頃の、ほどよく落ち着いた心地よさを感じる曲になっていると、勝手ながらとても納得しています。

 

この曲が流れる新宿御苑の景色がとても素敵だったので、今秋にはものはら曲を持って御苑に行きたいと思います!

  • 2020.04.24 Friday
  • 22:42

Comment
Send Comment