Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(奉納舞・荒び野の御霊)

無事に10話突入しました〜!【喜】

あとは大団円へと一直線!…といきたいところなのですが、ここ数時間の私はひたすらドッグタグと焼却炉を行き来しています…そうです依頼消化です。

 

これ、開放エリアが少ないうちにやっておくべきでしたよね…知ってたのに忘れてました……

お金をじゃぶじゃぶ溶かしながら構造がシンプル&敵が弱い秋の洞の依頼が出揃うまで閲覧を繰り返して、ザコもボスもカレー鍋で雑に殴り倒しながら目的の部屋を巡る。こんなすさんだ封札師にはならないでほしい。

そして疲れからか不幸にも「秋の洞(うろ)をうろうろするのは飽き飽きなんだよ!」と発言してしまった《封札師》をかばいすべての責任を負った零に対し(以下封札)

 

そんな作業の中でしみじみ感じるのは音楽のありがたさ。

特にクエスト戦闘曲の存在にはめちゃめちゃ救われてます…ときめく曲を聴くと心のAPが回復するのです…!【燃】

 

 

♪奉納舞・荒び野の御霊(「東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚」より)

 

フリーダンジョン前半戦、秋の洞・第三階層と春の洞・第四階層のBGMです。お世話になっております!(洞マラソン中)

訪れずにクリアすることも可能なこの地に専用曲を置いてくださってるのは太っ腹だなあ…!

 

そういう場所だから空気が穏やかなんでしょう。「すさびののみたま」という曲名もまさに…ですね。

誰に踏み荒らされることもなく、ただ長い時間が経っている場所特有の感覚。きっと私達のいない間は化人が平和にたわむれているんだと思います。

 

イントロ無しでいきなり和笛のメロディから入るのがまたね、別階層から来た時に突然空気が変わってドキッとするんですよね。

そして広がる景色に郷愁のおもいを抱く。日本の景色は、日本の音は美しいな、という気持ちでいっぱいになります。

 

それとこれ平メロは『祭囃子・解明ノ場ノ調』のアレンジ…ですよね?

言い切れないくらいさりげない一致にソワッとしているのですが、もし合ってたらすごいなと思います。喜多條さんのアレンジ力が。

  • 2020.04.26 Sunday
  • 23:30

Comment
Send Comment