Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

イベント&コラボカフェ(ペルソナ・デビサバ)

ペルソナ3×パセラコラボカフェ#2(追記あり)


銀座パセラで営業中のペルソナ3カフェに行ってきました!
雨模様の平日昼…なのもあってかのんびりムードの中、まずはもちろん



順平ドリンク「トレードマーク」!
隣はコロちゃんの「剛毅虎狼丸」です。
一口いただいた感じだとりんごっぽいような乳酸菌飲料っぽいような…
まんまるおめめなさくらんぼ&コロちゃんシルエットの何か(以下パリパリ)が可愛いです(*´▽`)vV
順平は溶けた生クリームがだんだん泡立ってきてウザいです(ほめてる)



「結城理の『アツアツ喰い』たこ焼き」と
「荒垣真次郎のビーフストロガノフ」

えるしっているか たこのはいっていないたこやきは ぴっくでたべにくい

メニューの「信じていればいいんじゃないかな。」が全てを物語ってますね。にしてもごまかす気ゼロで清々しいよオクトパシー(笑)!
ちなみに表面がカリサクッとした揚げたこ焼き…いや、揚げ焼き?でしたw
荒垣先輩は美味しくないわけないじゃない。



「伊織順平の、夢の?ジャンクフードセット」
パティの代わりに厚切りベーコンがはさまれていて、なんともシャレオツゥ☆なジャンクフードです。これが都会クオリティか。
帽子型のパリパリもいいですね!
ちなみにたこ焼きには何か細長いパリパリが乗ってまして、「タコの足…?」と思ったところ召喚器でしたすみません。

さてさて順平、お皿の四隅にはケチャップ・ソース・マヨネーズ、そして

鮮やかなターコイズブルーの何かが。

ペロッ…これは、マヨネーズ!ってやると舌が青くなるので注意です(笑)
店員さんによると順平のペンダントを模してるそうで。なるほどなー!

あと「もしかして伊織くん推しですか?」と聞かれたのでそうです好きです!と答えたところ珍しがられましたw
ここでもやっぱり天田くんや真田先輩&荒垣先輩あたりが人気のようです。
ま、まぁそれはそれとして順平バーガーは美味しいので皆様どうぞよしなに!



「アイギスのパフェであります」
アイコさんの嫁であります。ショートケーキ風のパフェでとてもかわいい!

さてでは私もデザートを…



「真田明彦の無敗肉巻きおにぎり」
ん、お肉薄めでわりとあっさりしてますね!(何事もなかったように)
右のチーズはたぶん絆創膏?で、真ん中の塩がプロテインかなーハハハ
っておにぎりをプロテインにつけて食べたら

甘かった

えっあっ、やっぱりこれデザート枠でいいのかな(混乱)?
後で話した時に店員さんは「粉糖」と言ってましたが、なんというかサラサラの落雁の粉みたいな感じでした。びっくりしたよ(笑)!!



店内には関連書籍なども飾られていて、ほわあぁと見ていたら召喚器を貸していただきました゚ 。:.゚(*'▽'*)゚.:。 ゚
前回のくじの水鉄砲ですね♪ かなりしっかりした作り!





メニュー近影。はがくれ丼やゆかりっチドリンクも気になるところ…!
開催期間が発表されていないのでなんともですが、機を見てまた乗り込みたい所存であります!






(※)ここから7/20追記

ってなわけで2階層、乗り込んできましたよっと!


「結城理『どうでもいい』」と「岳羽ゆかり『正義のあろー』」
どうでもいいけど理君はアルコール入りです。今回アルコール率高いですね。
ゆかりっチのはびっくりするくらい甘かった!
サラッとしたヨーグルトドリンク(甘い)にイチゴシロップで甘+甘なので、デザートと一緒に頼むとデレ死の危機…!ご武運を!



「はがくれ丼」
トロ肉しょうゆ(チャーシュー)たっぷりの丼です。もちろん美味しい!
これでバッチリ魅力が上がっ…!てたらいいなぁ(笑)



「桐条美鶴の紅茶党プレート」と


「岳羽ゆかりのいちご大福」
こちらは友達のターンで味は不明…ですが、美鶴さんのは本当に紅茶づくしで美味しいようです。

ゆかりっチのは思ったより大きかったですね…いや変態じゃなくて。
お皿がまた可愛くて、ゆかりドリンクと並べるとほんと可愛くて!!

やっぱり甘くて(泣笑)!!!

ほんともう、今回はとにかくゆかりっチにデレッデレでした…!
デレッデッデー!やっつんは甘さ耐性がレベルアーップ!!

そして舞台はカラオケパセラ、vs,ハニトー編ヘ―――
  • 2014.06.30 Monday
  • 20:41

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback