Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(Break Out Of... -Free Mix-)


みんな作家様の豪華さに目を奪われてくれて気付かないだろう……とこっそり入れた文字に2人ほどからツッコまれました(笑)
最初は普通に「Break out!」だったのですがその、手が勝手に。
意味も響きもかっこいいですよね!ってなわけで

♪ Break Out Of... -Free Mix-(「P4U2」サウンドトラックより)

喜多條さんによるOPのセルフリミックス。
U2サントラの最後にボーナストラックとして収録されています。

私は未だに「アレンジ」と「リミックス」の区別がよくついてないのですが、なんとなくなイメージで
「アレンジ」→原曲に盛る
「リミックス」→原曲を解体して使う
ように感じています。
そして私が好きなのは「アレンジ」で、喜多條さんはアレンジの人だと思っています。

でもってこの曲はというと、「リミックス」なんですね。
なので初めは意外だったし、喜多條さんアレンジを期待していた自分としてはちょっと残念に思いました。すみません……

さてさて曲のお話を。
原曲の熱く華やかな雰囲気から一変、こちらはクールなエレクトロ曲に生まれ変わっています。ファミコンアレンジっぽい感じもしますね。

まず印象的なのが平田さんの声!すっごくキラキラしてるんですよ!
同じ音源なの?と疑うくらいに(こちらはエフェクトかかってますが)新しい魅力に溢れていてドキドキしました。
伴奏がシンプルになったことで声が響く…というのも勿論ありますが、何よりこの曲での平田さんの声とエレクトロの相性が素晴らしいんですよね。
もうね!すっっごいキラキラ眩しくてカッコいいんです!!

Lotusさんの声も原曲よりクリアに聞こえて、あらためてキレッキレだなぁと感嘆です……
ボーカルの力を最大限に引き出したリミックスだと思います。

そしてこの曲、とんでもないスルメ曲です。
初めの印象が嘘みたいにどんどん好きになって、会いたくなって、気が付くといつも聴いてます……少女マンガか……

その理由はただ「気持ちいい」の一言に尽きる!ところを掘り下げてみると、シンプルに思える中で実は音も展開も凝られてる点かと思います。
平坦に始まって、だんだんと音が増えて
サビは一番で+ブラス、二番で+ピアノと繰り返す毎に盛り上がっていって。ラストサビの熱さはガチです。音もきれい!

原曲と同じく緩急豊かで最後まで飽きなくて……あとこれ曲の構成的には原曲と同じなんですね。ん?ってことはやっぱり「アレンジ」なのか?
っていうかこの曲、よく聴いてみるといつもの喜多條さんアレンジのツボをしっかり押さえてることに気付きます。

珍しくマイナス印象から入ったこの曲、今ではすっかりお気に入りです。
暴投からの超変化球でズバーンとミットに納まった感じ……この方向からでも私のストライクゾーンに入れることができるのか、と心底震えましたし惚れ直しました。すみません大好きです。
そして喜多條さんはどんな曲でも喜多條さんだなぁとホッともして……

ここからは勝手な想像ですが、この曲はP4U2だからこそ、そしてセルフリミックスだからこそ生まれた形だと思っています。
喜多條さんって、何より作品のイメージやファンの期待を優先して曲を作る方だと思うんですね。
それを考えすぎて自分らしい良さを出しきれないこともあると思うんだけど(ハッカーズの特典サントラの一部とか、そんな気がします)そういう姿勢が好きだし信頼しています。

そんな喜多條さんが、目黒さん色の世界が出来上がっている「ペルソナ4」に携わることへのプレッシャーや迷いは、P4G発売当時のインタビュー等からもひしひしとうかがえます。
その中でひとつひとつを大切に、全力で取り組んでこられたことは曲を聴けば伝わりますし、ペルソナQでの「ペルソナらしさ」と「喜多條さんらしさ」の融合した素晴らしい曲達は、その努力の積み重ねの成果だと思いました。

そしてP4U2は、ペルソナシリーズ初の「全曲喜多條さん作曲」作品です。
それはしっかりペルソナしてて、そしてPQ以上にバリッバリな喜多條さんサウンドで。あぁついにひとつの壁をブレイクアウトできたんだなって思わせてくれる曲ばかりでした。
P4Gでは「僕ってなんなんでしょう……」と悩んでいた(※土屋さん談)喜多條さんが、こんなに生き生きと自分の音を出せるようになったことを思うと目頭が熱くなります……よかった、とてもよかった……(涙)

きっとね、『Break Out Of...』は原曲で喜多條さんらしさを全部出せたんだと思うのですよ。
だから、いつもの「喜多條さんらしい」アレンジは必要ないんです。
ここからは自由だよ、やりたいようにやっていいんだよって許された曲。
それが『-Free Mix-』なんだと解釈しています。

すっっかり長くなりました。ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら本当にありがとうございます。愛してる。
  • 2015.12.17 Thursday
  • 01:51

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback