Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(A Sky Full Of Stars)

♪ A Sky Full Of Stars(「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」より)

ゴールデンで追加された新要素「夜の自由行動」時の曲です。
ゆったりしたリズムに柔らかく乗るキーボードの旋律が心地よく、思い起こされるのは田舎道の夜の空気の爽やかさ、そしてどこまでも広がる満天の星空…
田舎出身の自分には少し懐かしく、ホッとした気持ちになります。

どの季節にもしっくり馴染む器用な曲なのですが、やはり今の季節(夏)がいちばん合いますね。
もうね、ゲーム内でもめっちゃ気持ちいいですもん!
ついつい夜遊び(釣りや虫取り的な意味で)しちゃいます(笑)



そして今回、久しぶりの更新でこの曲を取り上げたのには理由があります。




2016年8月13日 東京芸術劇場

GAME SYMPHONY JAPAN 18th CONCERT
ATLUS Special ~ペルソナ20周年記念~

ご開催おめでとうございました!!そしてありがとうございました!!!
私の語彙ではとても言い表せない……とても素晴らしいコンサートでした。

その中で唯一演奏された喜多條さん曲が、この『A Sky Full Of Stars』です。
プログラムが公開された時は、嬉しいのと同時に「なぜにこの曲?」と思ったものですが(スミマセン……!)
曲の持つやわらかさ、あたたかさが引き出された素敵な演奏に思わず涙……
悔しいくらいに惚れ直させていただきました。

GSJではアレンジャーさんの選定に
『タイトルをプレイしリスペクトしている。そして編曲が最高の技術であること。原曲、原調を絶対とし、世界観を重視。』
という高いハードルを設けているそうです。
これ本当に大切だと思いますし、演奏を聴くと納得しますね。
もうね、完全に「わかってる」人の聴かせ方ですもん!
その曲の役割、使われるシーン、盛り上げどころなどの全部をご自身が知っているからこそ、どこをどうしたらファンの心に響くかがわかっていて、それを思いっきりぶつけてこられる。
そういう方を探すのには並々ならぬ苦労もありますでしょうが、きっとそこを妥協しないからこそ、GSJのコンサートは満足度が高いのだと思います。
ホント、毎回拍手で手がヒリヒリしますから(笑)


長くなりましたが、最後にもうひとつ


この日、初めて、喜多條さんがステージに立たれました。
素晴らしい演奏の余韻に包まれる中、突然の「アトラスファイブ」ことサウンドチームフルメンバーのご登場……!!
その光景に際しての私の心象風景はフランダースの犬の最終回だったわけですが、私を引き連れていくのはマーラ様でしたし周りを飛んでる天使も金子絵でしたし、パイプオルガンから厳かにメガテン曲が流れ始めたあたりで「これはヤバい」と思って息を吹き返した次第です。

ずっと待ち望んでいた喜多條さんのご登壇、本当に本当に嬉しかったです。
ご本人は「(この日演奏された自身の曲は)1曲だけですから」と謙遜されていましたが、1曲でも喜多條さんの曲が演奏された場で、ご本人に向けて拍手を贈れること。それがどんなに幸せなことか……!!!
今でも思い出してはマーラ様がお迎えに来かけます。
最高の一日でした。本当に本当に、ありがとうございました!!
  • 2016.08.19 Friday
  • 00:19

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback