Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

イベント&コラボカフェ(ペルソナ・デビサバ)

ペルソナ20thフェス SUPER SOUND HOUSEログ







今さらですが……というかそろそろいいかな?というわけで

2016年12月8日〜18日に開催された「ペルソナ20thフェス」内の企画
『PERSONA SUPER SOUND HOUSE』にて公開されていた、アトラスサウンドチームの皆様のセレクト曲&コメント覚え書きです。
約30分の構成×5人分を追うのはなかなか大変でしたが(笑)全く苦にならないくらいに楽しく幸せな空間でした……なんかもう住みたかった。
会場に行けなかった方も「行ったけど全部見られなかったよ!」という方も、是非各クリエイター様のプレイリストを作ってコメントと共にお楽しみいただければと思います。


《目黒 将司》
♪Changing Seasons(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 『ペルソナ3』の私の担当曲なのですが、ペルソナ3で一番最初に作った曲だと思います。ブラスは今でもよく使うサウンドライブラリの音なのですが、なぜか『ペルソナ3』当時の方がいい音で鳴っている気がします。

♪Your Affection(ネバー・モア -「ペルソナ4」輪廻転生)
 『ペルソナ4』の曲の中でアレンジも含めて一番気に入っている曲です。『ペルソナ4』オリジナルのYour Affectionよりも楽曲優先で作った曲なので聞いていて楽しめれば良いなと思っております。

♪SNOWFLAKES -powder snow mix-(「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」オリジナル・サウンドトラック)
 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』で一番気に入っている曲で、オリジナルの方にするか迷ったのですが喜多條がリミックスしたこちらを選びました。ギターのソロがすごく良いですね

♪Beneath the Mask(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 『ペルソナ5』の曲の中で一番気に入っている曲です。ボーカルのLynさんはこういったスローテンポの曲が一番個性が出ますね。レイドバック気味のノリといい本当に素晴らしいです。

♪ダンジョン〜学校(放課後)(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 『女神異聞録ペルソナ』といえばこの曲でしょう。テストプレイでものすごい回数聞きましたが何度聞いても飽きないです。ポップな雰囲気でメロディが凄くよく出来ていると思います。

♪冴子先生のテーマ(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 20年も前の曲は私が作ったものはもちろん他のサウンドスタッフが作った曲もおそらく本人にとっては恥ずかしくて聞かせたくないという気持ちがあると思うのでなかなか選曲しづらいのですがこの曲はとても美しく今聞いても色褪せない素晴らしい曲だと思います。

♪ラストイベント(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 女神異聞録のラストイベントの曲で当時何回もテストプレイをした日々を思い出します。テストプレイしていても最新のROMに差し代わるとまた最初からプレイであまり最後までたどり着かないのですが最後までたどり着いた時の感動をこの曲は思い起こさせます。

♪ゆきの・テーマ(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 『ペルソナ2』らしいポップなメロディですごくいい曲だと思います。特に出だしのあのシンセブレイクは当時流行ったやつで懐かしいですね。

♪ムー大陸(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 『ペルソナ2』はなかなかぶっとんだ曲も多いのですがこの曲はその中でも一番かっこいいですね。途中でプリクラのサンプリングが入る辺りもアトラスらしいというか、堂々と自社著作物を使った感がイイです(笑)

♪Padparacha(「ペルソナ2 罰 ETERNAL PUNISHMENT.」オリジナル・サウンドトラック)
 この曲はオシャレクールでカッコいいですね。当時はサンプリング容量が少なく苦労が多かったと思うのですが、特にピアノソロが容量を削っても劣化しにくい音色でかつ狭い音域でいいソロを弾くという技術がうまく表現できているのではないでしょうか。


《喜多條 敦志》
♪NOW I KNOW(「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」オリジナル・サウンドトラック)
 『ペルソナ』シリーズの歌モノを担当したのは、この曲が初めてだったと思います。イントロのフレーズは別のシーンの曲を作っていた時に思いついて、エンディングで使おうとメモしておいたものでした。主メロディは自分でも、よくできてたなぁと思っています(笑)

♪Dance!(「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」オリジナル・サウンドトラック)
 とにかくかっこいい、フィーバーしたくなる小塚君のセンスが光る1曲だと思います。音の使い方も個性的で、初めて聞いた時は悔しかったですね〜(笑)P4Dのインターフェイスデザインは、この曲ありきで決まったってホントですか?

♪時の足音(「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」オリジナル・サウンドトラック)
 メロディがとても綺麗で、サウンドにも色々なギミックが散りばめられていて、聴く度に発見があります。雰囲気が様々に変化するので、飽きがこないですね。8分とすごく長く感じますが、あっという間です(笑)か?

♪Wake Up,Get Up,Get Out There(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 開発中、幾度となく耳にした曲ですが、本当かっこいいですね。特にサビのコード進行がお洒落でたまらないです。Lynさんの本収録の前は、川村ゆみさんが仮歌を歌った幻のバージョンが開発機で流れていたんですよ。

♪ゆきの・テーマ(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 都会感があってお洒落な、今でも色褪せない1曲だと思います。この頃、主流だった音源が高価で、自分では手が出ず、持っていた友人の家に、曲ができる度に通っていました。この音を聞くと、当時を思い出して、色々とノスタルジックな気持ちになります…。

♪Burn My Dread(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 入社が『ペルソナ3』の発売から2ヶ月後で、当時、通路の端っこでプレイレポートを書いていたのを思い出します。お洒落なゲームBGMが少ない時代でしたし、音楽を褒めちぎっていたら、「褒めすぎだよお〜!」と目黒さんに椅子を小突かれるという思い出も(笑)

♪When The Moon's Reaching Out Stars(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 僕が『ペルソナ3』で一番好きな曲です。当時は、ケータイの着信音にもしていました。初めて、ボーカルのレコーディングに同行させてもらったのも、輪廻転生バージョンのこの曲でしたっけ。

♪Time(「ペルソナ3フェス」オリジナル・サウンドトラック)
 藤田真由美さんの透き通った歌声と曲調が女性主人公に絶妙にマッチしていて、大好きな曲です。聞いていて、元気になってきますね。

♪回廊(「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック)
 少ない音数で、耳に残る曲を作るというのはとても難しいのですが、この曲はシンプルでありながらも、フレーズがとても心地よく耳に残ります。表立って取り沙汰されることは少ないのかもしれませんが、名曲だと思います。


《小塚 良太》
♪Heartful Cry(「ペルソナ3フェス」オリジナル・サウンドトラック)
 僕は「切ない」や「泣ける」等のワードを敬遠しがちな人間なのですが(笑)、このサビのメロディはいつ聴いても属性貫通の如く心に刺さります。曲中で同じメロが音色を変えて3回奏でられますが、それぞれグッとくるんですよね。3発目で完全にトドメ刺されます。

♪Heartbeat,Heartbreak(「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック)
 P4で一番好きな曲です。そんな訳で、P4Dを担当した際に「とりあえず作っちゃえ!」っとRemixを作ったんですが、結局ゲームに入れる余地が無くなってしまい、「P4Dサウンドトラック -Advanced CD-」のオマケに収録させて貰いました。そちらも宜しければ…。

♪Today(「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」オリジナル・サウンドトラック)
 新曲を聴く度に「ぐぬぬ…」と思わせてくれる喜多條さんですが(笑)、この曲は特に「凄い!ヤバい…」と思いました。コードが凝ってるのにメロは綺麗で、各楽器のパートも凄く練られていて立体的で豊かに聴こえるんですよね。P4U2はOPも名曲ですね〜。

♪Blooming Villain(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 初めて聞いた時、少し捻くれた曲調の前半…からの後半の熱い展開にヤラれました。P5の戦闘曲はどれも闘いへ臨むプレイヤーの気持ちにピッタリ合って燃えますね。この曲以外にも終盤の某ボス戦は、BGMとのマッチ度(マッチョ度ではなく)が凄くてクセになります。

♪Break It Down -elp version-(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 P5の開発終盤でチームに加わり作業を始めた頃、日常イベントで流れる静かなBGM全般が、何だか妙にツボってしまい、軽くセンチ状態になったりしたんですが(笑)、この曲も、強烈な「甘酸っぱさ」の様な感覚があふれてて、地味なのにジワ〜ッと効いてきます。

♪Dance!(「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」オリジナル・サウンドトラック -ADVANCED CD付 COLLECTOR'S EDITION-)
 リメイク作を除くとペルソナ関連では初めて本格的に作った曲(ジュネス以降…笑)で、思い出深いです。目黒さんが築いた「Pサウンド」に乗っかりつつLotusさん平田さんのお陰で出来た様な曲ですが、自分の色を程よく活かせた感もあり、作れて良かったなあと思います。

♪ダンジョン〜ヒュプノスの塔(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 ダンジョンBGM全般で聴ける青木さんの冷たく尖ったサウンドが凄く好きで、一時期「『ペルソナ』ダンジョンプレイリスト」を作りヘビロテしてました。他には「氷の城」や「ネメシスの塔」や「警察署」等々…この辺の曲に漂う空気、人によってはかなりハマると思うんですよ!

♪戦闘〜中ボス(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 土屋さんは鍵盤を殆ど弾かない人のはずなのですが、何故こんな狂った格好良いオルガンソロが作れるんでしょう…流石ですね。それと、昔の内蔵音源のサウンドは「生楽器の代用品」って扱いではくくり切れない独自の凶暴さがあるなぁと、この曲を聴くたびに思います。

♪獅子宮(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 私、アトラス作品では『ソウルハッカーズ』が元々大好きでして、それと通じる匂いがこの辺の曲にはあり、本能的に好みです(これ、両方ご存知の方には分かっていただけるかと…)。両作を手掛けられた田崎さんの音には、曲作りで今も影響を受けている気がします。

♪Burn My Dread(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 アトラス入社前の頃、深夜に点けっぱなしのテレビからP3(のCD?)のCMでこの曲を初めて耳にし、「!?」と思わず振り返ったのを憶えています。サビの破壊力は言わずもがな、イントロ〜サビ前の細かい音も冴えまくりで、隅々まで本当に凄い曲だなあと思います。


《小西 利樹》
♪戦闘〜パンドラ(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 今や使うと恥ずかしいオケヒがビシバシいってる曲ですが、僕は「魔神転生」のころから青木さんが書くこの独特の曲調が大好きです。青木さん、一度でいいからお会いしてお話したかったですね…

♪雪の女王編 グッドエンディング(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 当時、雪の女王編の存在って知らなかったんですが、サントラを買ったら知らない素敵な曲が沢山入ってるじゃありませんか!この曲もその一つで「土屋っていう人が作曲したのか〜」なんてコメント見ながら聞いてましたが、その土屋さんと今一緒に仕事してるって不思議ですね。

♪試験中…(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 シンプルな曲なんですけど、なんだかベースラインが気持ちよくて病みつきです。『ペルソナ3』以降、毎回授業中関連の曲はツボなんですけど僕だけでしょうか…?このノリが好きなのかなぁ…

♪深層心理(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 このボイスとノリが妙にツボで開発中ずっと聞いていた気が。その甲斐あってか、当時目黒さんから「サントラに入れる曲これで全部だよね?」と確認された時、この曲だけ無くて「ラブホの曲が無いです!」って言った記憶が。あの時スルーしてたら未収録になってた…のかも。

♪Mass Destruction(「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック)
 これ、一番最初に聞いた時は度肝を抜かれましたね。開発当時いつも通りザコ戦を起動したら、急に「ベイベベイベ…」言いはじめて、スタッフみんな「え…?ええええ!?」みたいな(笑)最初はロータスさんのラップもまだ乗ってない状態でしたが、十分カッコよかったですよ。

♪Light the Fire Up in the Night -Mayonaka-(「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」オリジナル・サウンドトラック)
 これ、非常にかっこいいんですが、喜多條くんが自分で作っておきながら「イントロど頭のトランペットのフレーズが『タラちゃ〜ん』に聞こえる」とかしれっと言うので、それ以降勝手に脳内再生されるようになりました。ある意味ペルソラです。

♪Your Affection(「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック)
 初めてこの曲を聞いた時はインストでしたが「素敵な曲だなぁ」と思った記憶があります。まさかこの音域でボーカル入りになるとは思ってませんでしたが、さすが平田さん。この透き通った感じが『ペルソナ4』にピッタリで、僕の中の『ペルソナ4』イメージ曲ですね

♪ムー大陸(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 この曲、途中に声が入ってますよね?「ポーズを決めたら」っていう声ともう一つ…残り一つがなんて言ってるかずっと気になってたんですが、リメイク楽曲を担当することになり、遂に判明する時が!「好きなメッセージを」って言ってたんですね。両方プリクラ筐体の声らしいです。

♪changing me(「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」オリジナル・サウンドトラック)
 喜多條くんと共作の『ペルソナQ』、最後のイベントにSEをくっつけて流れを確認した時にこの曲がしんみり流れてきて「泣かせるええ曲書きやがって〜」と思った記憶があります。喜多條くんのこういうタイプの曲は、なんかこう涙腺にくるものがあって好きですね。


《土屋 憲一》
♪ジュネスのテーマ(「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック)
 菜々子のボイス収録を翌日に控え、慌てて「えびでいやんらいじゅねす」の部分だけ私が作ったんですが、その後小塚さんが大幅にアレンジしてくれた「いかにも田舎のデパートの店内放送で流れていそうな感じ」が完璧すぎて本気で感動しました。

♪雪の女王(「ペルソナ3フェス」オリジナル・サウンドトラック)
 ダンジョン探索中のBGMを変更できるというオマケ要素のためにアレンジした曲。自分にしては珍しい原曲と掛け離れたフリーダムなアレンジで、ちょっとだけですがギターも自分で弾いています。

♪Dance!(「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」オリジナル・サウンドトラック)
 アレンジ元の「Pursuing My TrueSelf」のフレーズが2拍も前倒しで入ってくるお洒落カッコいいアレンジが素敵。中学〜高校時代にブラスバンド部で打楽器を叩いていたのでラテン打楽器隊の躍動感も好きです。ハイカラですね…!

♪舞耶・テーマ(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 ゲーム機の内蔵音源で作った曲は「本当はもっとこうしたかったんだよね〜」という思いが強く、正直自分でもあまり振り返りたくないし原曲に忠実なアレンジは難しいと思っているんですが、目黒さん・小西さんにアレンジしてもらったこの曲は幸せ者です。

♪ルナパレス港南(「ペルソナ2 罪 INNOCENT SIN.」オリジナル・サウンドトラック)
 本人チョイスの意外な選曲というか、もはやルナパレス港南がどこだったか記憶にありませんが(舞耶のマンションがある所でしたっけ?)なぜこの曲なのかと。なぜでしょう。なぜか気に入ってます。

♪オープニング(「ペルソナ2 罰 ETERNAL PUNISHMENT.」オリジナル・サウンドトラック)
 個人的にこういう「ちょっと音源が豪華になった頃の音楽、しかもオープニングテーマのような演出合わせの曲をリアレンジする」のは厄介な仕事だっただろうな〜と思っているんですが、このアレンジは最高の仕上がりですね。どうもありがとうございます。

♪戦闘〜テッソ(「女神異聞録ペルソナ」オリジナルサウンドトラックス<完全収録版>)
 この曲は最初のサントラ発売当初は別の曲名だったのですが、後に発売された完全収録盤というサントラでは「戦闘〜テッソ」という曲名に変わっていました。「いました」というのも、誰がなぜ変えたのか、作曲した本人である私も聞いていないし知りません…。

♪覚醒(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 効果音を作る側としてはグラフィックやBGMがカッコいいと俄然やる気が出るもので、ペルソナ覚醒イベントの効果音作りはこの曲のお陰で気分良く作業ができました。「ここで音楽バーンからの効果音ドーン!」みたいな演出を考えるのが楽しいんです。

♪勝利(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 最初のバージョンはイントロが長く、橋野ディレクターが「短くしてほしい…」と要望していたんですが、目黒さんが当時「この曲は気に入っている、なんなら『ペルソナ5』で一番気に入っている」と最後まで抵抗していたのが印象的でした(結局短くなりました)。

♪Blooming Villain(「ペルソナ5」オリジナル・サウンドトラック)
 PV第三弾で使われた曲ですね。祐介のペルソナ・ゴエモンが見得を切ってからのサビへの流れがバッチリ決まっているのがお気に入りです。余談ですがPVの冒頭、この段階では未公開だった筈の真のボイスがうっかり入ってしまっていたのは秘密です。

♪おともだち(「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」オリジナル・サウンドトラック)
 曲名に反して小西さんのギターが吼える熱いバトル曲。先着購入特典CDでこの曲をアレンジさせてもらったんですが、1980年代のパソコンに搭載されていたOPMという古いサウンドチップを使ったのでサブタイトルを「OPMeiQ」としています。

♪specialist(「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック)
 サウンドスタッフは職業柄、好きな音楽を聴きながら仕事するワケに行かないんですが、『ペルソナ4』の開発中は考え事をするときはデバッグモードでこの曲を流していました。勉強のおともに最適な曲。



フェスのおもいで写真も何枚か。土屋さんのモルガナが!











  • 2017.03.03 Friday
  • 00:17

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback