Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

イベント&コラボカフェ(ペルソナ・デビサバ)

Persona Show Case Welcome to Club Velvet(WAKAさん&小西さんステージ)

こんにちはやっつんです。諸事情(主に科学ADVと石川界人さん履修)でバタバタしていてご無沙汰しておりましたすみません……!橋上サライはいいぞ。

早速ですが5月17日と18日、P3D&P5D前夜祭「Persona Show Case」にいってきました!
1日目の「史上最強の姉妹ゲンカ」はダンサーさんがメインのまるでD実写化(一部ミュージカル)のようなステージイベント。
2日目の「Welcome to Club Velvet」は2会場3ステージを使ったオールナイトのクラブイベント。
どちらも新しい試みで、それぞれとても楽しかったです!


さて


小西さんの話をしようか。


イベント全体は各媒体や皆様のレポにおまかせしまして、ここではひたすら「Welcome to Club Velvet」のclub asiaメインフロア 00:40〜01:40(実際は押し押しでしたがw)で行われた「DJ WAKA with guitar 小西利樹」ステージの話をしたいと思います。今日も元気にアトラスサウンドチームを愛でるブログですよろしくお願いします!!


まず小西さんのご紹介を簡単に。サウンドチームの中ではいちばんの新人さんですがアトラスのキャリアは長く、2001年にデバッガーとして入社後プランナーを経て2010年からサウンドチームの一員としてご活躍されています。
もともとサウンド希望&アトラス愛で入社された方で、その辺り本当に良い話なのでどこかのインタビューで是非……
ギターの腕前に定評があり、ご自身の担当以外に喜多條さんや小塚さんの曲にギターを入れることもあるそうです。
お名前が表に出るお仕事としては既存曲アレンジが主でしたが、ペルソナQでは喜多條さんとお二人でメインコンポーザーを務められ(『おともだち』や第2迷宮以降の迷宮曲などをご担当)、他にもDSJの『嘆きの胎』や真4の『築地本願寺』など少しずつご作曲の場も増えてきています。

そして2018年5月18日、ついにステージデビューでございます!パチパチ!
初報を見た私は思わず「この瞬間を待っていた!!」と叫びました。どうでもいいですが最近石川界人さんを推してるおかげでプロテインが気になります。


さてイベント当日、夜10時過ぎの花屋は家族や恋人にお花を買って帰る男性で賑わっておりました。そんな中私は笑顔で「赤と青でブーケ作ってください」と差し入れを調達し深夜の渋谷へ……どうでもいいですが最近カオスシリーズを履修したので渋谷が聖地だらけで楽しいです。ライブ会場のすぐ裏がカオチャの回転DEADの現場でねって脱線し放題ですみません会場へGO!


まずはセットリスト!

――――――――――

Blooming Villain (ATLUS Konishi Remix)
Heartful Cry (ATLUS Konishi Remix)

Want To Be Close (ATOLS Remix)
Deep Breath Deep Breath (Yuu Miyake Remix)
全ての人の魂の戦い (Daisuke Asakura Remix)
Burn My Dread -Last Battle- (輪廻転生)
Wiping All Out (ATLUS Kozuka Remix)
キミの記憶 (ATLUS Meguro Remix)
A Way of Life (ATLUS Kitajoh Remix)
Our Moment
GROOVY
Will Power
Last Surprise (インスト)
Tokyo Emergency
Tokyo Daylight(ATLUS Kozuka Remix)
母のいた日々 (ATLUS Kitajoh Remix)
Life Will Change (インスト)
Beneath the Mask (KAIEN Remix)
星と僕らと (tofubeats Remix)

試験中…
The Junes Hero (Elrectro mix)
霧 (ATLUS Konishi Remix)

――――――――――

※5月24日『Deep Breath Deep Breath (Yuu Miyake Remix)』を追加しました。

最初に注意なのですが、これステージ終わって泣きながらスペシャルドリンク(ZIMAにclubasiaは青、duoは赤のリキュールで色付け)をあおりつつ書き出したものなので間違いや抜けのある可能性が高いです。特にRemixなんて「聴いたことない感じだったからたぶんD新規の」みたいなノリで書いてますので温かく見てやっていただけますと幸いです。
それでも選曲が「あーさすがWAKAさんと小西さんわかってらっしゃる!! WAKAってらっしゃる〜〜!!」と五体投地の素晴らしい流れだったおかげでほとんど記憶に残ってるのがすごいですよね…本気で神セットリストでした。

だって頭から『Blooming Villain(小西さんのDリミックス)』ですよ!!
先日のP3D&P5D体験会でこの曲をプレイした時、サビで号泣して画面がぼやけるセルフハードモードに突入してしまった私はこの時点でしにそうでした。原曲から大好きなんですけど、小西さんのはサビのギターの熱量がたまらないんですよ……
しかも『Heartful Cry』と合わせてゲーム発売前にいきなり生演奏でぶつけてこられるわけですからね。相変わらずどSに定評のあるアトラスですね好き。
その『Heartful Cry』もまたファンの琴線に響くリミックスで、確か『×××(発売前につき自主規制』や『×××(同)』のフレーズが入った静かめの間奏…からギターでブチ上げていく後半の緩急がすごくよかったです。

ここでWAKAさんと小西さんの初MC!
演者さんの入りとオープンがほぼ同時であまりリハする時間がなかったとか、今回の反応が良かったらまたこんな形での機会があるかもとか!
それと小西さん、本当は喜多條さんにも出てほしかったけど「いや僕は……」とご遠慮されたそうで(笑)
私そういう喜多條さんのひかえめなところもコンポーザーとして好きですけどうんやっぱり出てほしいな!そしてゆくゆくはサウンドチームでバンド組んでほしいな!と思いましたね(無茶振り)

MC明けはP3コーナー!なんかねーもうねーひたすら気持ち良かった記憶しかないんですよね〜(デレデレ)
相変わらずWAKAさんの繋ぎは気持ち良い…小西さんの音も気持ち良い…
今回はWAKAさんの流すミックス(ギター抜きの音源)に小西さんがギターを合わせる形で、おそらくバンドで合わせるのとはまた違った難しさがあったと思うのですけれど、それを全く感じさせない心地よいグルーヴ感でした。
お二人のコンビネーションもバッチリ!たくさんメールのやりとりをしたと話されていたので(笑)そういうところも良い空気感に繋がっていたのかなーと思います。もちろんステージのクオリティにも!

あと小西さんのパフォーマンスが初ステージのコンポーザーとは思えなくて震えました。めっちゃめちゃカッコ良かったです。完全にステージギタリストでした……何者なの彼……
演奏もめちゃくちゃ良かったです!小西さんのギターの良さは音源でも十分に伝わってきていましたが、やっぱり生の音圧とバンド感が加わるとすごい……やばい……語彙がまったく追いつかない、です……

あと小西さんがすごく楽しそうで嬉しかったです。この日は有り難くも最前列でガン見…拝見させていただいたのですが、『キミの記憶』をすごく嬉しそうに、歌詞を口ずさみながら演奏されている小西さんがやっぱり「アトラスサウンドチームの小西さん」で胸熱でした。
しかもちょうどそこの『Wiping All Out』『キミの記憶』『A Way of Life』の流れがですね、リミックスのご担当が順に小塚さん、目黒さん、喜多條さんなんですよね。なのでチームの皆さんがまるでDのパートナーのように現れて一緒にご演奏されて去っていく、みたいな感覚がして感動しました。サウンドチームの絆最高かよ……

P3アンカーはDの新曲『Our Moment』、かーらーのーP5コーナートップのD新曲『GROOVY』へ華麗にバトンタッチ!
この2曲、特に『GROOVY』は前評判からすごく高くて人気ですよね。私も大好きです。これからのライブやイベントでも盛り上がりそう!

そして来ました『Will Power』『Last Surprise』!後の『Life Will Change』と合わせてギターメロが主役で、もう、とにかく熱くてカッコ良かったです……!
原曲の良さとライブならではの良さ、その両方をしっかり感じさせてくださる小西さんの演奏、すごく素敵でした。
『Last Surprise』のサビの入りの音とかめちゃめちゃ艶やかで悲鳴が上がってましたし、『Life Will Change』も終始最高の盛り上がりでした!

その後そっと小西さんがはけて、しっとり心地よい『Beneath the Mask』と『星と僕らと』のDJプレイ。
『星と僕らと』のリミックス、クラブにピッタリで気持ち良かったです。星空を感じました……

それを聴きながら「(きっとこれで終わりなんだろうな、楽しかったな…)」とじんわりしていたわけですが、この後また小西さんをお呼びしてのラストコーナーがありまして!
WAKAさんの「ここにいる人たちはラッキーだと思う」、小西さんの「僕の大好きな曲です。皆さんも大好きだと思います(ニヤリ)」の振りから始まったのは、なんとP3の『試験中…』!!
すみません私これすぐに何の曲だか出てこなかった……(笑)!確実に聴いたことはあるけど、3?5?どこだったっけ……って考えてて、後から思い出してああ!ってなりました。
それからまた思い出したんですけど、小西さんはペルソナ20thフェスのサウンドハウスでもこの曲をピックアップしてるんですよね。もー本当に大好きなんだなって!こういう愛のままにわがままな選曲、大好きです(笑)!

そしてまさか、まさかの『The Junes Hero (Elrectro mix)』ですよ……!!これあれですよ、神アレンジしか入っていないと私の中で評判の、P4U早期購入特典アレンジサントラの陽介テーマ(小西さんアレンジ)ですよ!
もおーーこのCD何百回と聴いててほぼ脳内再生できるくらいなんですけど、こうしてご本人の音で生で聴かせていただける日が来るなんて……ありがとう……ありがとうアトラス……愛してる……

ラストは『霧』。もちろん足立が踊った小西さんアレンジ版です。
情報としてはどうでもいいことなんですけど一つ言わせていただけますか。私、P5の最推し曲が『Blooming Villain』で、P4の最推し曲が『霧』なんです。お察しいただければ幸いです……この辺り、正直、意識飛びそうなくらい楽しかったことしか記憶がないです……


最高オブ最高でした。幸せすぎました。今この文章を書きながらまたちょっと泣いてしまっていてすみません……
ひとつだけ心残りなのは、このステージの裏で小塚さんご出演の開発ウラ話トークが行われていたことです。サウンドチーム箱推し涙目のタイムテーブルだよ!(血涙)

そういうどう頑張っても全部を追えないところとか、コーナーによっては会場キャパが足りなくて入ることすらできなかったこととか、タイミングによっては入場にかなり時間がかかったこととか

*次回初参加の方向けに記録しておきますと、今回21:00から会場付近でチケットと入場用リストバンドとの引き換えが行われていたのですが、その告知が不十分で認知されておらず、スタートの23:00付近に人が集中して引き換えに30分〜1時間かかり(身分証確認とドリンクチケット交換も同時だったため時間がかかった)なかなか入場できない人が多かった……という感じでした。

惜しいなーと思う部分もありつつ、みんなで思い思いにペルソナミュージックを楽しむ場としてはとても良かったと思います。
ガチで音楽と向き合いたい人も、好きな音楽のある空間で仲間と楽しく過ごしたい人も、とにかく「ペルソナ」というコンテンツやキャラクターが大好きな人も、それぞれの楽しみ方ができる。それってめちゃめちゃ贅沢で素敵なことだと思います。
是非またの機会を!そして「ギタリスト 小西利樹」さんの益々のご活躍を!!期待しています!!



  • 2018.05.22 Tuesday
  • 00:30

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback