Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

イベント&コラボカフェ(ペルソナ・デビサバ)

今日の小西さん(Blooming Villain -ATLUS Konishi Remix-)



P3D&P5D発売おめでとうございます!!

どちらも楽しくプレイさせていただいてます。
今回はP4Dのようなストーリーモードはなく、ダンスの実績でキャラクター毎のコミュ(ストーリー)を解放して任意のタイミングで鑑賞できる形なのでいろんな遊び方ができますね。
私の周りでも「実績解除優先でコミュを楽しむ勢」「オールナイトキンクレを目指す音ゲーガチ勢」「オートプレイでダンスムービーをガン見して爆発勢」とみんなそれぞれ楽しそうです。
ちなみに私は満遍なく楽しむ傍らでサントラと寝食を共にしています。めちゃくちゃ楽しいです。


さてさて、Dということでダンスと音楽がメインの作品なわけですが、今回もほんっっとに曲が良い!!
特に小塚さんのお仕事が素晴らしいですね。ボーカル曲もBGMもリミックスも、プレイ中につい進行を忘れて聴き入っちゃうことが多くて困ります(笑)

ダンス曲もお気に入りが多くて挙げきれない中、サントラで特にヘビロテしてるのは『GROOVY』(フル音源はよ!)と小塚さんの『Tokyo Daylight』、喜多條さんの3曲、そして小西さんの『Blooming Villain』です。

喜多條さんの曲については後ほどいつものように感想を書かせていただきますが、今回はまずは小西さんの『Blooming Villain』がすごく好きという話をさせていただきたいと思います。


まず私は『Blooming Villain』が大好きです。P4の霧アバチュ真3と目黒さんロックインスト戦闘曲に悶え転がってきた旅人の最新のオアシスです。

今回のリミックスでは原曲を極力崩さず「拡張」した形になっていて、元がギターメインの曲でもあるので原曲とあまりイメージが変わっていないかも…と小西さんがコメントされていましたが、その通りでもあるし「とんでもねえっすよ!!」と言いたくもあるしのそのバランスが絶妙で……!

思いっきり主観で書いていきますが、『Blooming Villain』の最大の魅力はサビの気持ちよさです。
原曲はAメロBメロと溜めて溜めて溜めきった力をサビで一気に解き放つ(初サビまで1分10秒)重量的な気持ちよさがあって
一方のリミックスは、目的地までの最短ルートを颯爽と駆け抜けた勢いのままサビに飛び込む(初サビまで40秒)速度的な気持ちよさがあるんです。これだけでもサビに入った瞬間の感じ方が違いますね。

で、リミックスはサビ頭の、その一瞬の浮遊感からの加速と疾走感が最っ高に気持ちいいんですよ!!熱くて泣けてきます……
あとめっちゃ竜司なんです…最初のサビの私の中のイメージは、せーのっから笑顔で全力疾走する竜司なんです…もう泣く……(※竜司ダンス曲です)

それと、小西さんの音はとても「生きてる」感じがするんですよね。
私はこの『Blooming Villain』という曲名も好きなのですが、今回小西さんのつけてくださってる音がすべて「Blooming(咲きほこる)」のイメージにハマってるところも気に入ってます。
全体に入っているテクノっぽい音も良いです!原曲との差別化に気持ちよさにVillain感にと、良い働きをされてます!

初サビの後は間奏で一旦リフレッシュ。オリジナルのフレーズをはさんで(これがまたカッコいい…!)また力強く、そして軽快にサビを叩き込みます。
この一連の流れの緩急がめちゃくちゃ気持ちよくて楽しくて、そして最終的にはきっちりと原曲のイメージに着地するところがすごいんですよ。
個人的な好みだけで書かせていただくと、『Blooming Villain』の初アレンジとして満点です。
期待通りで期待以上で、原曲が好きだからこそ嬉しいし、好きだからこそ違いを新鮮に楽しめる、とても幸せな曲になっていると思います。


そういえばインタビューで小西さんが「(今までの自分の曲を知っていると)想像通りの曲になっていると思うので期待は裏切らないのでは」ともコメントされていて、本当にその通りなんですけど、もう一つ思ったことがあるので書き残しておきます。

私も小西さんのギターメインの曲が大好きなので、やはりお名前が出る度に自然とそれを期待してしまっていたのですが、小西さんの曲の良さってそれだけじゃないはずなんですよ。
そのことを最初に思い知らされたのがPQで、ごーこんきっさや時の足音(時計塔迷宮曲)が小西さん曲だと知った時に「この方はこんな曲も作るんだ!」とすごく驚いて、それがまたすごく良くって感動したんです。

アレンジだって小西さんの良さはギターだけじゃありません。丁寧で作品愛のある構成も、オリジナルで組み込まれるメロディラインの良さも、使われる音のきれいさも大きな魅力です。
P3Dの『Heartful Cry』もね、ウエ〜イ!って盛り上がった最後に『キミの記憶』のフレーズで余韻たっぷりに締めるところが特に好きなんです。それまでの熱さがフッと柔らかくなる感じがたまらなく気持ち良いんですよね。そういうとこだぞ!って思います(笑)

話が散らかってしまってすみません。
だから小西さんに対しては、直球の小西さんらしさを期待する気持ちと、それを裏切ってほしい気持ちのどちらもがあります。
つまりは単純に

もっと小西さんの曲が聴きたい!!!

ですね!(笑)
次はPQ2なのかしら……んんん待ち遠しい!!


余談になりますが
今回、小西さんがこの曲を選んでくださって(ファミ通のコメントを読んだ感じだと、少なくともサウンドチームの皆様はご自身でやりたい曲に手を挙げたと思われます)最高にカッコ良くリミックスしてくださったことがほんっっとうに嬉しかったです。ありがとうございました!
この曲、花形の割には意外と埋もれがちなんですよね……オケコンにも入れてもらえませんでしたし(笑)

でもね!『霧』だって最初の方のペルソナライブでは選曲されてなかったんですよ(バァン)!?
確か目黒さんが奥様からのアドバイスを受けて2010年で初めてセトリに入れてくださって、だんだんとライブの大明神コーナーといえばこれ!な定番曲にまで成長していったんです。最初から推されてきた曲ではないのです……

『Blooming Villain』にもそうなってもらえたらいいな、と思いながら闘会議(エレクトーン)、PSB2017と演奏される毎に嬉しさを感じていて、先日のショーケース。小西さんがご演奏されるのを聴いた時にああよかった、これはもう大丈夫だって安心したんです。この曲はきっとこれからもたくさんの場で、たくさんBloomingできる曲だって。
良い曲ですよね。大好きです。
  • 2018.05.26 Saturday
  • 22:32

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback