Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(母のいた日々 -ATLUS Kitajoh Remix-)


「俺、HARDでキンクレ取れたら感想書くんだ……」

あれですね。ゲームとサントラが同時に手元に来ると、ついCD先行で感想を書いてしまいそうになるのですが、やっぱりゲーム内で聴いてこそ感じることも多くあるのでプレイは大事だなーと思います(カリギュラやりながら)
ちなみに「ALLNIGHTでキンクレ取れたら」にしていないのは、曲によっては年単位で感想を書くことが許されなくなりそうだからです。リズム感が来い。

♪ 母のいた日々 -ATLUS Kitajoh Remix-
(「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」より)

P5・フタバパレスBGMのリミックス。
Dでのダンサーはもちろん双葉。ステージもフタバパレスです。

原曲は電子音と憂げなギターで双葉の心のノスタルジーを描いていましたが、リミックスではフューチャーポップの要素も入り明るい印象になっています。
Aメロの軽やかなピアノはまるで雨上がりの空のよう。爽やかで気持ち良い!
アップテンポになっているだけでなく、寂しげだった音が弾んだ響きに変わることで、同じメロディでも受ける印象がガラッと変わりますね。

アレンジそのものはシンプルなのですが、同じフレーズの繰り返しを飽きさせない聴かせ方とか、細かいところまで原曲をしっかり拾ってらっしゃるところとかやっぱり喜多條さんだなーと思います。
原曲からの昇華と消化が本当に上手いんですよね。リミックス2:35くらいからのギターとかもしっかり原曲準拠でニヤリとしてしまいます。

また、ゲームだと1分50秒辺りから双葉のダンスに合わせたタップ(ダンス)の音が入っています。
こちらはシナリオ担当の小林鉄平さんからのリクエストだそうで、実際のタップ音を収録した熱くて臨場感のある響きには思わず息を飲みました……!
動きと音のリンクもとても気持ち良く印象的で、PSB2017でのステージといいすっかり双葉=タップダンスのイメージが定着しそうです(笑)

……にしても、ボーカル曲の多いP5Dリミックスの中で、サウンドチーム4人中3人がインスト曲を選んでらっしゃるのが面白いですよねw 出来上がりも個性豊かで出色ですし!
P5Dのサウンドチームリミックスはどれもお気に入りなのですが、元祖渋谷系(ピチカート・ファイブ)な目黒さん、ネオ渋谷系(?)な喜多條さん、一駅ずらして「表参道」をイメージに持ってくる小塚さん……という感じもすごく皆様「らしく」てにこにこしてしまいます(笑)
  • 2018.06.05 Tuesday
  • 22:45

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback