Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(Time -ATLUS Kitajoh Remix-)



♪ Time -ATLUS Kitajoh Remix-
(「ペルソナ3 ダンシング・ムーンライト」より)

原曲はP3P、『Want To Be Close』に代わって女性主人公サイドの1学期を彩るBGMです。
新生活への期待に胸躍らせるみずみずしい空気感と、これまた藤田さんの優しい歌声のマッチが最高に心地良い名曲ですね。
ちなみに喜多條さんは、ペルソナ20周年フェスのサウンドハウスで「大好きな曲」としてこの曲を挙げていらっしゃいます。
こうして関わられる機会があってファン心に嬉しいです……よかったねえ(おばあちゃん目線)


さて感想なのですが、ひとことで表すと

女子力が高い。

この曲で!この曲で躍る風花がめっちゃめちゃ可愛いんですよ!!!
めっちゃ女の子〜〜〜!!な魅力全開で、ステージがおうち(月光館学園巌戸台分寮ロビー)っていうのもひかえめな風花らしくてたまらんです……

曲も音に遊び心があって可愛らしく、ふんわりやわらかい…んだけれど区切り区切りのリズムや伴奏でピシッと締めてくる。且つそれがちょっぴり変化球気味なところがポイントですね。ただ可愛いだけじゃないよっていう。
そういう感じもしみじみ風花にハマるなあと思います。

いやしかし女子力……語彙が死んでて申し訳ないですがとにかく女子力な……
まずイントロがめっちゃオシャレかわいいです。この時点で恋に落ちそう。
伴奏のストリングスはきれいだし、サビのブラスは華やか、シンセはピコっとキュートではああかわい…


突然のジャズ!!!


私はピカピカにポップでカワイイ曲を聴いていると思ったら
ピアノ・ウッドベース・ドラム・トロンボーン(なのかとにかくラッパ系)のジャズカルテットになっていた
な…何を言ってるのかわからねーと思うが(以下略)


2コーラス目のサビ、びっっくりしました……!なにこれなにこれ!(興奮)
しかもこのパートだけ、まるでジュークボックスで聴いてるみたいに音源との距離ができるんです。
それがなんともリアルで、まるで自分もその空間にいて、音楽を流しながら踊る風花をそっと見ているかのような錯覚をおぼえます……

そんな一瞬の白昼夢から引き戻されて、夢心地のまま曲いちばんの盛り上がりを迎えてプログラムは終了。
ここのね、シンプルなジャズからエレクトロにぐぐーーーっと持っていかれる振れ幅のトリップ感もすごいです。クセになります。

この曲を初めて聴いた時のドキドキはきっと忘れません。
喜多條さんらしいキラキラした、楽しくてワクワクするリミックスでした。
リザルトでゆかりッチが「丁寧で一生懸命なダンス、風花らしかったよ!」って言うんですけどね、「ダンス」を「リミックス」に変えてそのまま喜多條さんに贈りたい気持ちです。
  • 2018.06.10 Sunday
  • 22:03

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback