Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(Invitation to Freedom)

♪ Invitation to Freedom(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

PQ2には通常戦闘曲が4種類あり、パーティメンバーによって流れる曲がランダムで抽選されるシステムになっています。
発売時はちょっとこのへんいろいろありましたが、それは一つ前の日記で盛大にグチらせていただきましたのでハイ終わり!

というわけでこちらはそのP5チーム用戦闘曲です。
ボーカルはもちろんLynさん。作詞はRike Schmalzさん。
RikeさんはP5の『Beneath the Mask』の作詞もされていましたね。

さてさて曲の感想ですが、まずイントロの『Last Surprise』を思わせるストリングスからアクションスタート!
もーーほんとさぁーーーこういうそのままでもアレンジでもないけどちゃんとみんなが「P5のアレだーー!」って思い当たるやり方が上手いし土台を築いた目黒さんの偉大さと合わせて後世まで語り継ぎたいイントロですよ(ここまで一息)

そのイントロのパンチとLynさんの歌声映える曲調でしっかりP5色をしながらも、音はとっても喜多條さん…
あっそうか、思えばこれも私的喜多條さん三本柱のピアノ・ブラス・ストリングスがメインな曲なんですよね。どうりで音の使い方は心地よく、かつ直球なP5カラーで作られた初めての曲なので新鮮でもあって。
喜多條さんとLynさんのタッグは今回が初めてですが、『歌声をよく存じ上げていたので、Lynさんが歌うのをイメージしながら作ることができた』という喜多條さんと、『曲の雰囲気を汲み取り、絶妙なニュアンスで歌い上げてくださる』我らがLynさん、お二人のプロのお仕事に拍手です!

Lynさんはさらに『歌詞が難しくて、収録の時に「これ難しくて歌えないかも〜」と言いながら、いざ録り始めるとあっという間に録り終わってしまって流石でした』とのお話もあって本当に流石の一言です(笑)
そうそう、確かに歌詞は他のボーカル曲と比べて難しい表現が多いな〜という印象なのですが、曲に乗った時の音の響きがすごくきれいでカッコ良くて!
そんな曲と詞と歌の総攻撃の結果、柔らかで華やかでちょっぴりオトナで、そこにQらしい賑やかさも入ったとても素敵な曲になっていると思います。

あと構成が戦闘曲には珍しい歌謡曲構成で…と、思えばP5もそうでしたw
まあその全てのパートが推せる曲なんですけど、特にCメロからラストサビへの流れがめちゃめちゃ熱くてかっこいい!
もともとのハイなスピード感から、さらにアクセルを踏んでなだれ込む快さは鼻血モノです。

PQ2の通常戦闘曲は本当に良曲揃いで、中でもゲーム内で聴く初めての戦闘曲でもあるこちらは特に印象深いものですね。
あとPQ2って、キャラクターはデフォルメで可愛い一方で曲の雰囲気はむしろシリアスなものが多く、そこのバランスも魅力だと思ってます。
その絶妙さとPQ2のカラーチャートの方向性みたいなものを、ゲームで最初に感じさせてくれたのがこの曲の流れる初戦闘でした。
かっこよくてワクワクしてドキドキして、ここでPQ2に心を盗まれたプレイヤーは私含めて多いのではないでしょうか。
  • 2019.04.03 Wednesday
  • 18:47

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback