Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(What you wish for)

 

♪What you wish for(「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」より)

 

戦闘曲その1です。上の動画の23秒あたりから流れる方ですね。通常戦闘ではこの曲と『Axe to Grind』のどちらかがランダム抽選で流れます。
ボーカルはもちろんLynさん、作詞はRike Schmaizさんです。

もう出だしからいきなり優勝ですね!ペルソナ通常戦闘曲の「イントロで開幕Take your heart」スタイルは今回も健在!アッパーで一気にアガります!
さらに同フレーズがイントロではギターで、サビではストリングスで、ループ終盤ではキーボードでと繰り返し入ってくるのも良いんです。それぞれすごく気持ちよくノれてスウィングと乱戦が捗ります〜!


そして曲を通して見える景色がとても綺麗で、宝石のような光煌めく夜の街…というのは最初の渋谷ジェイルの印象が強いからでもあると思うのですが、そんな大人カッコいいキラキラ感がネガイの輝きが集まるジェイルにリンクして眩しさすら覚えます。
雰囲気はクールだけれど所々の音が熱いのがまたアツいんですよね!サビ前のドラムのダダダダダッとAメロに戻る前のアタック感がすごく好きです。この温度差の緩急が気持ちよくて何度、何ループ聴いても飽きません。
あと間奏のキーボードソロがね、喜多條さんがこういう弾き方するのって珍しいですよね?!というかP5Sの喜多條さんめちゃめちゃキーボーディストなんですよ!!なにこれ好き!!

P5Sの音楽、特にボーカル曲はどれもが新しい魅力と彩りに溢れていて、その中で最も『P5S』のカラーを感じるのがこの曲とOPだと思います。作品の中心となるリーダー、ジョーカーポジションの曲ですね!

 

 

ちょっとここからは水割り片手に聞いててほしいんですけど、私の中でP5Sは二色の炎が交じり合ってヤバい温度で燃えてるイメージで、コエテクさんご担当の戦闘曲(Daredevilやアレンジ)が熱く燃え盛る赤の炎、喜多條さんご担当の戦闘曲とOPがクールに胸を焦がす青い炎なんですよ。

でですね、実はおっちゃんタイムリーにも先日のP5ステで喜多條さんの新曲に同じイメージを抱いてたんですよ!

前夜祭で喜多條さんが「曲を作る時には絵を見せてもらうようにしている」とおっしゃっていたので、たまたまそういう色が続いたんだとは思うのですが(ステ曲は歌詞に「青い炎」が複数回出てきますし、Sはパッケージやエフェクトやジェイルのイメージに青成分が多い気がします)たとえ偶然でもここで世界が繋がった気がして、自分の『P5』のイメージにSの色が馴染んだ今の状態でステを見返したり新作を観に行ったらすごくしっくりきそうな予感がして多方面へのワクワクが止まらなくて!

ステ曲もね〜〜ほんとカッコよくて良いんですよ!!Sの曲が気に入った方は是非この機会にいかがでしょうか!今なら円盤&新作リアタイ間に合います!

 

 

PERSONA5 the Stage Blu-ray & DVD

 

2020年4月1日発売です!

 

 

ぺごステ公式サイトはコチラから

 

 

すっかり脱線しましたが…これまでの作品で「赤」の深みと輝きのパラメータがMAXに極まったP5サウンドに「青」のエッセンスが加わることで、新しい景色が広がって、P5の世界に彩りと輝きが増していって。そんな光景に触れていけるのがとても楽しいですし楽しみです!
これからもいろんな景色を見せてほしいし、RもSもこれで終わるのはあまりに勿体ない作品だったので何かの形で展開がほしいですね…!
とりあえずはペルソナライブで!!小西さん喜多條さんMASAさん赤羽さんのご召喚をなにとぞよろしくお願いします!!

 

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 23:55

Comment
Send Comment