Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

日常

【友】

ほぼ私信で恐縮ですが、昨年末の記事にコメントをくださっていたトレハン様ありがとうございました…!
コメント通知が届かないのとめったに管理画面を開かないのとで、気付くのが遅くなってしまい申し訳ございません。昨晩同記事にお返事させていただきました。

自分のための壁打ちブログとして気ままに使わせていただいてる場所ですが、たまにアクセスログを覗くと思った以上に多くの方にお越しいただけていて、それはやはり嬉しいことだなぁと思います。
情報なりお暇な時間のバディなり、何かしらのお役に立てていれば幸いです。
いつもありがとうございます!【愛】



トレハン友達にもらった遮光器土偶どら焼き。
生命パラメータが上がりそう(笑)
  • 2019.03.11 Monday
  • 16:03

喜多條さん

今日の喜多條さん(Battle on Stage)



「キャサリン・フルボディ」初回クリアしました〜!
めっっちゃ面白いです!!(←無印未プレイ)
心のままに進めた結果、Kキャサさん寄りのよくもわるくもなさそうはエンド(ジュディ・オング的な題の)に辿り着きまし…というかコレCキャサちゃんに寄せるの難しくないですか??
いやCキャサちゃんかわいいんですけどね、あの状況でそっちに行くには自分が大人になりすぎましたよね…
『キャサリン・フルボディ』サウンドインタビューの土屋さんプロフィールにあった「大体いつもキャサリン(Katharine)に行くとのこと。」がしみじみわかりみ深いです。

あとはとにかくリンちゃんが衝撃だったので、次はリンちゃんエンドを狙っていきたいと思います。
その前にちょっくらバベル?とかいうチャレンジモードを遊んでみましょうかねどっこいしょっ

♪Battle on Stage(「キャサリン」「キャサリン・フルボディ」より)

そうなんですよキャサリンにも喜多條さんの曲があるんでしたよ!!
おまけにチーフサウンドデザイナーを務められていたようで…BGMも良いしゲームも面白いですし、今まで無印を積んでたことが悔やまれます。これからいっぱい遊ばせていただきますね…!
なおキャサリン曲の感想はフルボディのみプレイした状態でのログですので、もし無印で使用形態などが違っていたらすみません。

この『Battle on Stage』はバベル(チャレンジモード)の導入ムービー&ステージセレクトのBGMです。
私の第一印象は「HOSPITAL.っぽい〜〜!」でした。外科オペみ!
サントラのブックレットを確認したら「前に作ってお蔵入りにした曲が元ネタだったりします」とのコメントがあったので、あながち的外れじゃない可能性もあるのでしょうか(笑)

といきなり他作品の名前を挙げてしまいましたが、決して間に合わせでここに使われてる感じではないのでそこんとこ夜露死苦であります!
ほどよい緊張感と高揚感が試合前のアップタイムにドンピシャで、チャレンジモードのロビーをキリッと気持ち良い空気で満たしてくれています。
ギターリフのゴリッとした音に血が湧いて、ストリングスの鋭い音に背筋がのびて。よしいくぞ!と立ち上がった背中をばしっと押してくれる曲。
バベルとは長い戦いになりそうなので、こうして気合いを入れてくれる存在はとても有難いです。コンゴトモお世話になります…!
  • 2019.03.10 Sunday
  • 13:52

喜多條さん

今日の喜多條さん(異質な世界)

♪異質な世界(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

P5メンバーが初めて映画世界に降り立つ場面のムービーBGM。
投げ込まれた衝撃から目を覚ますと、そこは――という流れに合わせて無音からゆっくりと音が入っていき、皆の目線を追う形でカモシティの全景が映し出されるところ(曲の30秒辺り)でハッキリとした「異質感」のあるフレーズ(※1)が入ります。

驚きや戸惑いのリアルタイムな心の動きを映像以上に伝えてくれる曲で、ムービーだとそこからパトカーのサイレン等の効果音も加わり「自分達がいるのがざわざわした街の一角」ということもわかります。音の情報量よ…!
『世紀末ドライブ』から続いてPQ2の音回りの手厚さを感じさせてくれる一幕でした。

ちなみに※1は汎用BGM『怪しい気配』のフレーズで、このムービーの直後にも同曲が使われているため繋がりが自然できれいなんですよね。手厚い!
  • 2019.03.06 Wednesday
  • 17:44

喜多條さん

今日の喜多條さん(世紀末ドライブ)

♪世紀末ドライブ(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

コントロール不能になったモルガナカーがメメントス内を暴走し、加速したまま壁にぶつかるっ…!と思いきやそのまま壁に吸い込まれて消える一連の流れのアニメムービー曲です。
世紀末覇者先輩こと真さんが運転手なのでの曲名でもあるのでしょうか(笑)

右肩上がりで増してゆく緊迫感と最後のスゥッ…が映像にハマってドキドキ!
ゲームだと効果音とボイスの賑やかさも加わってさらにアワアワ感が増します、というか曲がよく聞こえないくらいのわちゃわちゃぶりでしたね(笑)
タイヤのキューキューする音とか(たぶん)真さんがブレーキをガンガン踏んでる音とかモナの頑張ってる音とか。こだわりの効果音モリモリで臨場感マシマシなムービー、とても贅沢で美味しかったです。
職人さん(土屋さん)もありがとうございます!ごちそうさまでした!
  • 2019.03.05 Tuesday
  • 14:28

喜多條さん

今日の喜多條さん(メメントス -inside the cinema-)

♪メメントス -inside the cinema-
(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

PQ2でのメメントスBGM。P5の同名曲のアレンジです。
『Break it Down』と同じくこちらも原曲に近いアレンジかつ序盤に使われるため、プレイヤーに「慣れ親しんだP5の中のとある1日」という感覚を持たせてくれて結果ゲーム開始数分でPQ2世界にすんなり没入できる…のを狙ってこういうアレンジにしたとしたらすごいですね。どうなの!?(突然の冴さん)

そんな音も構成も超原曲準拠なアレンジですが、原曲の方が若干ドロッと感が強いようにも感じます。
喜多條さんの音ってどうしてもきれいなので、もしかしたら今後「淀み」を描こうとした時はそれが弱点にもなり得るのかなあと思ったりしました。
でも私はそういうところが好きですし、喜多條さんらしさだと思ってるので!迷わず行けよ!(突然の猪木)

あとブックレットコメントの「途中の回るオルガン」の意味が最初わからなくて、(「回る…?」)と首をかしげながら原曲&アレンジを聴き返してみたら確かに回ってました(笑)
今まで意識してなかった…!既存曲もまだまだ探索のしがいがありそうですw
  • 2019.03.04 Monday
  • 09:33

喜多條さん

今日の喜多條さん(Anime 01)

♪Anime 01(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

怪盗団がアジトからメメントスに潜入するシーンのアニメムービー曲。
『Last Surprise』のアレンジに乗って「ジョーカー」へと姿を変えた主人公が華麗に敵を討つ姿は最高にイケメンです。
アニメ後半はP5本編の総攻撃(ジョーカーさん版)の流れがそのままPQ絵で再現されているのですが、これまたデフォルメになっても全くブレないカッコよさでね!最高にイケメンです!(二回目)

アレンジの構成はイントロ→サビ→イントロのフレーズで締めてキメ!と30秒に美味しいところがぎゅぎゅっと詰まった内容になっています。
印象的なイントロの音色はほぼそのままに(少しキー上げてますかね?)サビも原曲のムーディーさをしっかり残した上でポップなテイストを加えてあって、ラスサプのイメージからもPQの世界観からも外れることなくハマってて。喜多條さんほんとこういうところお上手だなぁと思います。
  • 2019.03.02 Saturday
  • 22:22

喜多條さん

今日の喜多條さん(Break it Down -inside the cinema-)

♪Break it Down -inside the cinema-
(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

P5メンバー中心の日常シーンで使われるBGMです。
原曲はP5の『Break it Down』。
構成・速さ・雰囲気そのままの超原曲準拠アレンジですが、使われている楽器やリズムのさりげない違いで一段階爽やかな空気感になってる気がします。

『Break it Down』という曲そのものを「放課後」とすると

真っ最中なのが原曲
授業が終わって教室で帰り支度をしてる時間がPQ2アレンジ
遊んだり部活したりでそろそろ家に帰るか〜の時間がP5のエレピアレンジ

みたいなイメージ。
使われているシーンに引っぱられてる気もしますが(笑)そんな微妙な印象の違いも楽しいですしどれも良き!です!
  • 2019.02.28 Thursday
  • 10:13

喜多條さん

《秘宝》を入手しました



喜多條さんのサイン入りポスターが!!

わがやに!!!

来ました!!!!【喜】



ありがとうございます家宝にします…!!
とりあえず速攻で額を買いました(笑)



賃貸で壁に穴をあけられないので床置きで。
アン殿に嬉しそうなモナちゃん♪


そんなこんなでPQ2サントラ感想日記を進めたいな〜と思いながら私事を片付けていたら2月も後半戦なわけですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
2月の大きなイベントといえば…そう!バレンタインですよねっ!
私は今年、井の頭公園にチョコを渡しに行きました。


出オチ…もとい、カップルやお散歩中の人々がくつろぐ池のほとりで二次元に想いを馳せる私の図。



こちらは毎年恒例の皆守用チョコ。
今年はチャイの板チョコとシナモン&コリアンダー(と紫)のリンドールでスパイス攻めにしてみました。
チャイの方は笑えるくらいにパンチがあって、お香を食べてる感すらありました。アロマが美味いぜ……


あと最近はパルマRとロボノDaSHをクリアして、キャサリンフルボディを進めながらニャッホとアイナナを遊んでます。家でも外でもゲーム充です。


先日おうちに来たニャッホさん(cv.杉田智和)
『猫のニャッホ』、シナリオも世界観もパズルゲーも楽しくてすっかりお気に入りの作品で、なんとこの度アニメ化が決まりました!わーいパチパチ!
テレビ東京系「きんだーてれび」にて、4月3日から毎週水曜朝7時30分〜の放送です。見られるかたはぜひぜひ!


と、4月のペルソナライブは両日VIP席で豪遊決定しました…!
32,400円(+手数料)×2日分はさすがにゾクッとしますが(笑)内容を考えると決して高くないのでただただ有り難く…今からめちゃめちゃ楽しみです。
今回はQ2曲のデビュー公演になると思いますし、気合い入れて参戦したいと思いますっ!



プチのフライヤーも完成しました〜!
先日の春コミでお手に取ってくださった皆様ありがとうございました!【愛】
自分も別ジャンルの売り子で参加していたのですが、プチへの応援のお声をかけていただけたりもしてとても励まされました…!
今後はイベント配布に加え、とらのあな各店舗様にご設置いただく予定です。
エンカウントの際は是非ゲットレよろしくお願いいたします!【燃】
  • 2019.02.26 Tuesday
  • 13:42

喜多條さん

今日の喜多條さん(ペルソナ-monologue-)

♪ ペルソナ-monologue-(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

ゲーム冒頭のムービー曲です。
場面は一羽の青い蝶が舞う無人の映画館。
幕が上がり、スクリーンに映し出される

私たちは無知によって迷うのではなく、
己が知っていると信じることによって迷うのだ


というジャン=ジャック・ルソーの言葉。

そして

_人人人人人人人人人人人人_
> 突然の異聞録アレンジ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

ごめんなさい実は異聞録未プレイ勢なのですけれど、その私でさえテンション上がったのでシリーズファンの皆様の心中お察し致します。
冒頭からこれは熱いですよね…!PQ2はDLCのヨスガの勾玉、シジマの勾玉とかもアトラス心をくすぐられてたまらなかったですね!(←効果の詳細を見ずに課金した人)

原曲は「女神異聞録ペルソナ」から青木秀仁さん作曲の『ペルソナ』ですが、完全版サントラでは『セベク編バッドエンディング2』という曲名で収録されているようです。えっタイトル曲っぽいのにバッドエンド曲なの…??

その辺りやこの曲がこの場面で使われている意味は異聞録プレイ抜きには語れないと思うので、今の自分が言えるのは「シンプルなアレンジ」。以上です。
ピアノ一本なので音の表情や良し悪しがダイレクトに出る曲だと感じますが、その辺りは安心の喜多條さんクオリティですね。
いつか、異聞録をプレイ後に追記に来たいと思います。
  • 2019.01.16 Wednesday
  • 11:07

喜多條さん

今日の喜多條さん(Theater)

♪Theater(「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」より)

タイトル画面の曲です。
雰囲気はP4Gの『虚ろの森の少女』に近いですかね。切なくて優しくて、胸にじんわりと温かさの広がる、とても喜多條さんらしい曲だと思います。

単体でも良い曲ですが、ゲームを進めると同じメロディに出会う場面があって双方の曲が尚更しんどくなる心に響く仕様になっています。
そういった他シーンとの繋がりもあり、元はイベント用に制作していたこちらの曲をタイトルに持ってきたとのことで(ブックレットコメントより)
ええもうおめでとうございます大正解です!やー良いタイトルだった…!!

なんていうか、ゲームのクリア後にタイトル画面に戻ってきた時の感覚って特別の感慨深さがありますよね。RPGのように長い時間を遊んだのなら尚更。
ペルソナシリーズはいつも「そこ」に流れる音楽が最高に気持ち良くて、ああ楽しかった、プレイしてよかったってしみじみ思わせてくれるんです。
その点、今回のPQ2も素晴らしかったです。感動の余韻にたっぷり浸らせていただきました。ありがとうTheater……
ちなみにP4にも同名の曲がありますが、あちらはまた別な感慨に浸らせてくれる名BGMですね(笑)

別バージョンと合わせて、次のペルライ終演後SEにリクエストさせていただきたい曲ナンバーワンです。
  • 2019.01.09 Wednesday
  • 21:28