Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

喜多條さん

今日の喜多條さん(SMILE)

♪ SMILE(「ネバー・モア -『ペルソナ4』輪廻転生-」より)

原曲は目黒さん。ゲームでは主にコミュイベントのスッキリ清々しいシーンで使われている曲です。
アレンジでは原曲の空気はそのままに、大先生室屋さんのバイオリンが華やかなヒーリングミュージックになっています。いまーじゅっ!(カッ!)

いろんな要素が入っているけど最後までひっかかりなく聴けて、いい意味で『聴き流せない』展開の曲が多い喜多條さんアレンジの中では珍しいなーと。
そしてこの曲についてはあーだこーだ言うのも違うなーという気がするので、今日はこれにておつカレーさまの解散です!

何も考えずに聴きましょう。
ただただ気持ちよくって、元気が出ます!
  • 2015.03.16 Monday
  • 00:44

喜多條さん

今日の喜多條さん(夢想曲)

先日帰省した時、母の車に乗ったらP4の輪廻転生が流れていました。
一昨年帰省した時にお土産の一つとしてプレゼントしたものなのですが(笑)聴いてくれてて嬉しかったなぁ。

というわけで輪廻転生のターン!

♪ 夢想曲(「ネバー・モア -『ペルソナ4』輪廻転生-」より)

P4のちょっと切ないシーンで流れる曲のアレンジです。原曲は目黒さん。
ゲームでは堂島家コミュの印象が強いですね。
寂しさを一生懸命我慢する菜々子も、溢れた想いをぶつける菜々子も、どちらも健気で愛しくて…この曲の流れるシーンには何度も泣かされました。
ちなみにこれ輪廻転生の菜々ななきょくめですよ(どうでもいい情報)

アレンジは原曲と同じくピアノがメインで、阿部篤志氏のピアノに大先生室屋ストリングスが重なります。皆様本当に素晴らしいプレイヤーですね…!
ダイナミクスやリタルダントなどは阿部さんの感覚にお任せだったそうで

と、私は音楽用語がよくわからないのでwikiさんに聞いてきましたところ
・ダイナミクス→音の強弱の変化ないし対比による音楽表現
・リタルダンド→テンポを次第に落としてゆく表現方法
だそうです。なるほどなー!

そんな感じで音楽スキルの低いトレハンが必死に拙い感想をぶつける当ブログですが、このカテゴリーのおかげでいろいろ勉強させていただいております。
喜多條さんありがとう【愛】


閑話休題。
その阿部さんの表現力と喜多條さんの構成が相まって、とんでもない泣き曲になっているのが今日の一曲。
シンプルな譜面ながら一つ一つの音が情感豊かで、曲の持つ寂しさや切なさがどんどん流れ込んできて……
次第に大きくなる波を受ける中、とあるフレーズで心の堤防が決壊します。

というのもこのアレンジ、始めは原曲のメロディでしっとりと、そして泣きの追加フレーズにMajiで感泣5秒前…のところに『I'll Face Myself』のイントロフレーズが入るんですよ……
ほらなんかもう泣けてきたでしょう?ずるいですよね。一番のビッグウェーブをそこに持ってくるのがもうね。
曲だけでも泣けるというのに、堂島家コミュのダイジェストが走馬灯のように重なってもうね……!!

胸をキュッと締めつけられる感覚と、包み込むような温かさと、心が洗われるような感動と。
とりあえず、帰省時に聴くといろいろ危険だなって思いました。
駅に向かう車の中で泣きそうになってたこと、母には内緒です。
  • 2015.03.15 Sunday
  • 21:14

喜多條さん

今日の喜多條さん(Break Out Of...)

♪ Break Out Of...
♪ Break Out Of... -Instrumental-
(「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」より)

オープニングムービー&タイトル画面などで聞けるP4U2のテーマ曲。
作詞はLotusさんで、アーケード版ではインストバージョンが、9ヶ月後に発売された家庭機版では平田さん&Lotusさんによる歌ありバージョンが使われています。
その 満を持して!な歌ありバージョンを初めて聞いたのがLHP店頭だったのもいい思い出です(笑)斬新な初出しだったなぁw

インストはギターメロの1コーラスループ。メロディ以外の音もさりげな〜く変わっているので探してみると楽しいです。
わかりやすいのはBメロからのストリングスだけど、他にもいろいろあるだろうなーと聴き比べてたらループループであっという間に1時間…
微妙な違いが面白いです。イントロドンだと高難易度の引っかけ問題になりますね(笑)

歌ありは喜多條さんらしい緩急の効いた構成で、眩しさの中を駆け抜けるようなスピード感が気持ちいい!
2番の音の変え方や途中の静かで切なくなる部分…からの盛り上がりもすごく綺麗で鳥肌です。
歌詞は平田さんパートが鳴上目線、Lotusさんパートが皆月目線になっていて
サビで二人のパートが重なるのがまた非常に燃えます。
このユニゾンはLotusさんのご発案だそうですね。さすがの兄貴!

175BPM、つまり1分間に175拍を刻む速いテンポにボーカルとラップが交差するこの曲… Lotusさんのイベントではドエス曲の1つに挙げられていました(笑)
皆さん歌声から苦しさを感じさせないので自然に聴いてしまいますが、P4U2はOPもEDもドエス曲のようですね。
同イベントでゆみさんからは、目黒さんに連なるサウンドチームの皆さんがどんどんドエス曲を作るので『キミの記憶』のハードルが相対的に下がってきてる…との衝撃の告白もありましたw

閑話休題。
クールだけれど熱い、青い炎のようなまさに『P4U2』色の曲。
特定条件で解禁されるP4の隠しシナリオ(真エンド的な)の、鳴上vs.覚醒皆月戦のBGMもこの曲(歌ありver)です。
このバトルが本当に気持ちよくて、決着をつけたくない…ずっと戦っていたいと思ってしまうくらいに楽しい一戦なので、ライブ等で曲を気に入ってくれた方にも是非ゲームプレイをおすすめしたい!
格ゲー苦手でも大丈夫です!ガードと連打でここまでいけます!いきました!(威張れない)
  • 2015.03.04 Wednesday
  • 00:13

喜多條さん

今日の喜多條さん(Battle of the Brave)



♪ Battle of the Brave
(「デビルサバイバー2」スペシャルサウンドトラックより)

バトル曲のアレンジです。原曲のご作曲はイトケンこと伊藤賢治さん!
オリジナル版は『プレイヤー側が有利な時や仲間が助けにきてくれた時とか、ちょっと勇ましい感じの時にかける曲(サントラより引用)』でほんともう、この曲がかかると負ける気がしませんでした(笑)
ルーグ召喚でイオを守りながら戦うところとかほんと燃えましたね…バトル曲の中でいちばんのお気に入りです。

その曲を喜多條さんがアレンジしてくださるとはなんとも幸運な偶然…
…ではなく、このサントラではサウンドチームの皆さんがそれぞれ好きな曲を選んでアレンジをされています。それも嬉しいですね。
喜多條さんのコメントによると、この曲は『コード進行が普段自分のよく使うものと似ていて、A→B→サビとはっきりした構成なのも自分のスタイルに通じる部分があってやりやすかった』とのこと。

そんな相性の良さがいかんなく発揮された『Battle of the Brave』は、原曲ベースに音や展開が特盛!王道の喜多條さんアレンジの中でもとびきり勢いのある曲のひとつだと思います。
バイオリンの主旋律に絡むブラスとピアノと、緩急目まぐるしく疾走する展開と。最初から最後までクライマックスです。ベースラインも気持ちいい!
でもってイントロ終わりの追加フレーズがまたかっこいいんですよね…!
つかみとして最高にキャッチーで。私はアレンジを先に聞いていたので、原曲を聴いてここが追加フレーズだったことに驚きました。


原曲の勇壮さ、アレンジのメロディアスな疾走感、どちらも熱くて素敵です。
ドエス作曲家として着実に認知され始めている喜多條さんですが、この頃の曲(主にアレンジ)でもすでにその片鱗がうかがえます。
当時の私はこの曲や輪廻転生の『I'll Face Myself(-Battle-)』を聴いて

(*´`).。oO(この曲を作った人はドエスかドエムなんだろうな…)

と失礼なことを思っていました(笑)


そして約3年半

私はこの曲に泣かされたことが何度もあるし
胃腸のスタンディングオベーションでお腹が痛くなったことが何度もあるし
電車で目的駅を乗り過ごしたことが何度もあるし

ぜんぜん慣れなくて、何度聴いても震えるくらいかっこよくて
そんな喜多條さんの曲が大好きです。
これからも私の涙腺や胃腸や予定をフルボッコにしてください!ご褒美です!(真顔)
  • 2015.03.03 Tuesday
  • 01:10

喜多條さん

今日の喜多條さん(祭囃子・隠喩ノ道ノ調)

♪ 祭囃子・隠喩ノ道ノ調(「東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚」より)

討伐クエストの戦闘曲。
鬼祓師の中でも人気のある曲ですね。私も大好きです!
…と言いつつ1周目は聴かずにクリアしてしまいましてな…(遠い目)
10話での使用曲といい、鬼祓師はガチな名曲を聴かずにクリアできてしまうのがおそろしきもの鬼手の陰…
ラスボス戦とか!ラスボス戦とか!!(サントラで聴いて衝撃を受けました)

平部分はメロディらしいものがなく、機械的なリズムと揺らいだ尺八の長音にドキドキが募ります。
そこに突然現れる、力強くメロディアスなギターの旋律!このサビの解放感がたまらなく気持ちいい!
間奏の三味線も熱いです。和楽器の刻むビートはゾクゾクしますね…!

ものはら戦闘曲の中では使用シーンも音もちょっと異色で、だからこそ印象に残る曲でもあります。
そしてなんとも「アトラスっぽい」曲だと思いました。
ものはらの曲はオリジナリティの中に九龍を思わせる部分とアトラスっぽさ、そして土屋さん&喜多條さん色がぎゅうぎゅうに詰まっていて楽しいです!
  • 2014.11.12 Wednesday
  • 09:10

喜多條さん

今日の喜多條さん(Heartful Cry -in Mayonaka Arena-)

P4U2カフェが11/11までで終了、11/12からはP4Gカフェになるそうです
ってそう来るとは思わなかったw!なるほどなー
パセラさんにはまだまだお世話になりそうです(笑)

ペルソナでネタが尽きたらアトラスカフェにしてくれてもいいのよ…?
皆守のカレーとか、ガラス片に見立てたトルティーヤを抜きながら食べていくHOSPITAL.メニューとかあってもいいのよ…?

なんて思いつつ、P4Uラストのこの1曲。


♪ Heartful Cry -in Mayonaka Arena-
(「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」より)

アイギスのテーマ。ペルソナ3フェスから同曲のアレンジです。
原曲よりアップテンポで勇ましくかっこよく…に加えて、喜多條さんサウンドがアイギスの優しさやきれいさとすごくマッチしていてマジアイギス。
機械的な音と、ギターやピアノの情感ある音の絡みがマジアイギス。
とても原曲愛&キャラ愛のこもったアレンジだと思います。

サントラではピアノのイントロが追加されていて、ますます原曲に近くドラマチックな展開になっています。
仲間同士で戦うシチュエーションといい、この曲のチョイスはグッと来るものがありますね…!
  • 2014.11.10 Monday
  • 10:34

喜多條さん

今日の喜多條さん(NOW I KNOW)

♪ NOW I KNOW
(「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」より)

コンシューマー版で追加されたストーリーモードのED曲。
ボーカルは平田志穂子さん、作詞はBenjamin Franklinさんです。
ベンさんのお名前は最近よく拝見しますね。真っ直ぐな歌詞に、毎回胸を熱くさせられてます。
クリア後のラビリスの心境を歌ったこの曲でも『今の私はわかってる』というタイトル和訳だけでちょっと目頭が…

そして穏やかで優しく、晴れ晴れとした気持ちになれる曲。

「空が明るく、キラキラ輝いてる
 だって今の私はもう、この世界が素晴らしいものだってわかっているから」


そんな歌詞そのままの、眩しくてきれいな音に心洗われます…。大好きです。
平田さんのやわらかな歌声がまた曲にもエンディングのシーンにもピッタリで素晴らしいんですわ…ナウアイノゥ…

2013年のペルソナライブではこの曲をリクエストさせていただきました。
会場で聴けてすごく嬉しかったし、その時のフリフラの統一色が青だったのも嬉しかったですね。
作品の色は赤だけど、この曲には青空や眩しい光の色が似合います!


余談ですが、私はゲームより先にサントラでこの曲を聴きました。
当時は自分に格ゲーは無理だと思ってあっさり積んでいて…サントラの発売も早かった(ゲームの1ヶ月後!)ですし、それで曲が聴ければいいかなと。
だけどサントラを聴いていて「ゲームもプレイしてみたい…!」と思うようになって、発売から約一年後についに起動。
始めは低い難易度でもなかなか勝てないし、ストーリーモードが予想以上にボリューミーで心が折れそうになりましたが(苦笑)
それでも「最後にこの曲が待っててくれてる」と思うと頑張れました。
そして、びっくりするくらいに格ゲー部分を楽しんでいる自分がいました。

その後もアーケードデビュー・ロケテスト・アケコン購入と順調に転がり続けて(笑)今では格ゲーが好きだと自信を持って言えます!
動かしてるだけでも楽しい感じとか、対戦での交流とか、P4Uを通しての経験はいつも新鮮で全てが楽しくて

And these wonders one by one will become just a part
of me I know, now I know
(素敵なことが一つずつ、私の一部になっていく
 今の私にはわかるんだ)


まさにそんな『NOW I KNOW』な気持ちをくれたP4Uに、
そして喜多條さんに感謝です!ありがとうございます!
  • 2014.10.07 Tuesday
  • 00:16

喜多條さん

今日の喜多條さん(Missions For The Brilliant Executor)


電撃スペシャルボックス、安かったので買ってみました。
大きめフェイスタオルとアクリル製のモバイルスタンド、クリーナークロスのセットはあったらあったで便利です(笑)
Amazonで今なら1400円…から今見たらまた安くなってたw!お得ですよー!

P4U2のサントラ情報を心待ちにしながら、今日の一曲

♪ Missions For The Brilliant Executor
(「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」より)
♪ Missions For The Brilliant Executor -2K mix-
(「P4U」特典アレンジサウンドトラックより)

美鶴のテーマ曲。ギターメロの前半は重めの音でシャドウワーカー隊長としての風格を、ストリングスの後半は美鶴本来の気高く華やかな雰囲気を感じさせる曲になっています。

雪子曲とコード進行が同じ(枯葉進行)だそうで曲の雰囲気も似ていますが、雪子は凛とした少女、美鶴は優雅な大人の女性という感じでしっかり色付けが違ってますね。二人のキャラがよく出ててブリリアントです。


そして『-2K mix-』。こちらは喜多條さんと小西さん、お二人でのアレンジ!
このアレンジ大好きです!疾走感のあるロックテイストにキレッキレのギターと鍵盤…!
たまらんです。ギタリスト・キーボーディストとしてもお力のある2人だからこその音だと思います。
特に間奏の小西さんギターソロ→喜多條さんキーボードソロ、とバトンタッチで繋いでサビに雪崩れこむのが最高に熱イイです!バンドっぽくてイイ!!
YOU達ユニット組んじゃいなYO!と心底思います(笑)!!
  • 2014.10.05 Sunday
  • 01:54

喜多條さん

今日の喜多條さん(changing me -a music box-)

♪ changing me -a music box-
(「ペルソナQ」オリジナルサウンドトラックより)

『changing me』のオルゴールバージョン。
サントラのボーナストラックとして収録されています。

この曲はオルゴールの音に合いますね。
このためだけに本物…は作ってもらえなかったようですが(笑)むしろぜひグッズとして売っていただきたいです!3つ買います!!(通常運転)


そして先日のライブ告知で「MUSIC BOXって最近どこかで…」と思ったのはたぶんこの曲で見たんだとさっき気付きました(笑)

んああそうなんですMUSIC BOXライブもすごく楽しみなんです…
いやまずはチケットとれるかなんですけれども…!!キャパェ…(涙)!
バンドさんのご出演がないと聞いた時には少し残念に思いましたが、よく考えてみたら喜多條さんの音をそのままライブで聴けるってそれもすごく幸せなんじゃないの…!?とハッとしてガタッとして

リアルに頭を打ちました。

お…おお…すみません落ち着くね。落ち着いて当落待つね、ありがとう壁…!
  • 2014.09.12 Friday
  • 13:32

喜多條さん

今日の喜多條さん(changing me)

♪ changing me(「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」より)

長い旅のエンディング。
歌詞はメインシナリオをご担当された木戸梓さん、ボーカルは川村ゆみさん&平田志穂子さんです。
バイオリンは喜多條さんが習っているバイオリンの先生だそうで!透明で深みのある素敵な音を聴かせてくださってます。

導くようなバイオリンに、優しく道を照らすピアノやリズム。
眩しく明るく、でもどこか切なく…
心と身体にじんわりと温かさがしみ渡るようで、涙よりも笑顔がこぼれます。

と言いつつ1周目は画面がぼやけっぱなしだったわけですが…ってこの辺り『明日への地図』の感想と同じになってますね(苦笑)すみません…でも本当に、歌詞や映像もあわせて、PQのスタッフロールは本当に良かったです。
あの流れで下画面に地図を出すのは反則です…やられました。
最後の善と玲がまた…君がいる世界をありがとうと…ああやっぱり泣く!
私は!喜多條さんに!!君がいる世界をありがとうと!言いたい!!

ミックスもきれいですね。
ゆみさんと平田さんの歌も聴けば聴くほど惚れ惚れです…
個人的にメジャー進行やバラード系の曲がツボに入ることが少なくて、この曲も好みかと言われるとたぶん違うのですが(すみません)
不思議と、聴く度どんどん好きになってます。
きっと、この曲がリンクする「ペルソナQ」という作品がすごく気持ちの良いものだったこと
アーティストの方々の歌や演奏や詞の素晴らしさ
そして喜多條さんらしい、飽きさせず最後まで聴かせる展開と耳が幸せな音がこう…好みを越えて響くんだろうなと思います。

最終的にはすごくお気に入りになりそう。
あとウェディングソングとしてもいいなーとぼんやり思ったので、こっそり「結婚式のBGMにオススメ!」タグをつけさせていただきます(笑)
  • 2014.09.12 Friday
  • 08:49